モートン・グールド
 Morton Gould

Date of Birth: 1913/12/10
Place of Birth: Richmond Hill, New York, USA
Date of Death: 1996/2/21
Mini Biography:
Gould was a child prodigy, playing the piano at the age of 4 and published his first piece of music, a waltz titled "Just Six," two years later. He performed frequently throughout his childhood, on radio and in concert and vaudeville halls. He graduated from the Institute of Musical Art (now the Juilliard School) before the age of 16 (his most important teachers were Abby Whiteside for piano and Vincent Jones for composition) and was hired as staff arranger and pianist at Radio City Music Hall. In his early 20s, he moved to NBC radio and arranged and conducted the studio orchestra on a number of its regular shows. His composition "Pavanne" was written at this time and was widely performed and recorded. He was the recipient of numerous awards, including Kennedy Center Honors in 1994 and the 1995 Pulitzer Prize for his "Stringmusic" commissioned by the National Symphony Orchestra and composed as a tribute to its music director, Mstislav Rostropovich. As a conductor, he led all the major American orchestras as well as those of Canada, Mexico, Europe, Japan, and Australia. He was elected president of ASCAP in 1986, a post he held until 1994. In 1986 he was elected to the American Academy and Institute of Arts and Letters. He also served on the board of the American Symphony Orchestra League and on the National Endowment for the Arts music panel.

 


(TV)ホロコースト/戦争と家族   HOLOCAUST

作曲:モートン・グールド
Composed by MORTON GOULD

指揮:デヴィッド・エイモス
Conducted by DAVID AMOS

演奏:クラコウ・フィルハーモニー管弦楽団
Performed by the Krakow Philharmonic Orchestra

(米Koch International / 3-7020-2 H1) 1990

第二次世界大戦下、時代と戦争に翻弄されるあるユダヤ人一家の悲劇を描いた、1978年製作のTVミニシリーズ(アメリカではNBCテレビが放映)。監督は「エンテベの勝利」(1976)「(TV)ROOTS/ルーツ」(1977)「さよならミス・ワイコフ」(1978)「(TV)ロマノフ王朝・大帝ピョートルの生涯」(1986)「(TV)アナスタシア/光・ゆらめいて」(1986)「女帝キャサリン」(1997)等のマーヴィン・J・チョムスキー。出演はフリッツ・ウィーヴァー、マイケル・モリアーティ、メリル・ストリープ、ローズマリー・ハリス、ジョセフ・ボトムズ、デヴィッド・ワーナー、ブランチ・ベイカー、デボラ・ノートン、ロバート・スティーブンス、ジェームズ・ウッズ、マイケル・ベック、チャールズ・コーヴィン、エドワード・ハードウィック、トム・ベル、マリウス・ゴーリング、イアン・ホルム、トニー・ヘイガース、リー・モンタギュー、サム・ワナメイカー、ナイジェル・ホーソーン、T・P・マッケンナ他。脚本はジェラルド・グリーン、撮影はブライアン・ウェストが担当。

音楽はアメリカの作曲家モートン・グールドがオリジナルスコアを作曲しているが、元々はクラシック音楽の作曲や指揮で有名な人で、映画音楽の仕事は少ない。この「ホロコースト/戦争と家族」は日本でもTV放映されたので、その主題曲はグールドのフィルムスコア中では最もポピュラーな音楽の一つだろう。この作品はTV放映時にサントラLPがリリースされていたが、これは現時点でCD化されていない。ここで紹介しているCDは1990年にポーランドで収録された新録音盤で、「ホロコースト/戦争と家族」の6曲から成る組曲と、ノーマン・デロ・ヨロ作曲の交響組曲「Air Power」のカップリングとなっている。
冒頭の「Main Theme」はトランペットソロとオーケストラによるトラジックなメインテーマで、作品全体の悲劇的なトーンを決定づけるホーンティングな音楽。名曲。「Crystal Night」はオーケストラによるビジーなタッチからマーチ、メインテーマへと展開。「Berta and Joseph's Theme」はジョセフ(ウィーヴァー)とベルタ(ハリス)のワイス夫妻を描いたピアノとオーケストラによるジェントルな主題。「Babi Yar」は重厚でドラマティックなアンダースコアで、力強い盛り上がりをみせる。「Warsaw Ghetto Surrender and Finale」はメインテーマのパワフルなフルオーケストラによる演奏から、明るく躍動的なフィナーレへと続く。「Elegy」はグールドが後で追加した静かで美しいエレジー。この組曲「Holocaust Suite」は、オリジナルスコア作曲の1年後にグールドが自らコンサート用にアレンジしたものである。尚、このTVミニシリーズにはグールドのオリジナルスコアとは別にリヒャルト・ワーグナー作曲の「ジークフリードの葬送行進曲」が使われている。

モートン・グールドはナショナル交響楽団のために書いた「Stringmusic」で1995年にピュリッツアー賞を受賞している他、世界各国のオーケストラを指揮してクラシック音楽の演奏活動を行っている。グールドが手がけたその他の映画音楽には、「(未公開)Ring of Steel」(1942)「(未公開)Delightfully Dangerous」(1945)「(未公開)The Miracle of Todd-AO」(1955)「シネラマ・ホリデー(Cinerama Holiday)」(1955)「大西洋二万哩(Windjammer: The Voyage of the Christian Radich)」(1958)「(未公開/TV)F. Scott Fitzgerald in Hollywood」(1976)等がある。
(2002年9月)

Top


Film Music Composersへ戻る


Copyright (C) 2002  Hitoshi Sakagami.  All Rights Reserved.