ロバート・ファーノン
 Robert Farnon (Robert Joseph Farnon)

Date of Birth: 1917/7/24
Place of Birth: Toronto, Ontario, Canada
Date of Death: 2005/4/25
Mini Biography:
While still in his teens, Farnon became a household name through his many programmes on radio, especially the long-running "Happy Gang". He occupied the lead trumpet chair in Percy Faith's Canadian Broadcasting Corporation's Orchestra. In 1940 Faith decided to leave for greener pastures in the USA, and Farnon was invited to take over the baton. This provided a wonderful opportunity to develop his arranging skills, bringing him to the attention of Paul Whiteman and Andre Kostelanetz. By 1942 he had composed two symphonies which were performed by leading orchestras in North America. As conductor of the Canadian Band of the Allied Expeditionary Forces, he came to Britain in September 1944, working alongside Glenn Miller and George Melachrino, who fronted the American and British bands. At the end of the war, he took his discharge in Britain, finding the musical scene more suited to his talents, so that he could work in films, radio and the recording industry.

 


艦長ホレーショ CAPTAIN HORATIO HORNBLOWER R.N.

作曲・指揮:ロバート・ファーノン
Composed and Conducted by ROBERT FARNON

演奏:ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団
Performed by the Royal Philharmonic Orchestra

(米Reference Recordings / RR-47CD) 1992

1951年製作のイギリス映画。監督はラオール・ウォルシュ。出演はグレゴリー・ペック、ヴァージニア・メイヨ、ロバート・ビーティ、ジェームズ・ロバートソン・ジャスティス、デニス・オディア、スタンリー・ベイカー、クリストファー・リー、ムールトリー・ケルソール、テレンス・モーガン、ジェームズ・ケニー、リチャード・ハーン、マイケル・ドーラン、アラン・ティルヴァーン、アレック・マンゴー、リチャード・ジョンソン、ジャック・ワトソン他。C・S・フォレスターの原作を基にイワン・ゴッフとベン・ロバーツが脚本を執筆。撮影はガイ・グリーン。1807年のイギリス、ナポレオンのスペイン同盟軍を撹乱せよとの極秘任務を受けた英国海軍の英雄、ホレーショ・ホーンブロワー(ペック)の活躍を描く海洋冒険活劇。

音楽を担当したロバート・ファーノンはカナダ出身のベテランで、映画やTVの音楽以前に“Light Music”や“Concert Music”といったジャンルで欧米では有名な作曲家である(同じカナダ人のパーシー・フェイス率いるオーケストラでトランペットを吹いていたこともある)。このCDにはファーノン自身が編曲した全5曲から成る組曲が収録されているが、最初の「Introduction」「The Wind」は海を舞台にした冒険活劇にふさわしいスケールの大きいヒロイックな音楽。「Polwheal」は少しおどけたタッチの陽気なマーチ。「Lady Barbara」はロマンティックなヒロインのテーマ。「Natividad」はダイナミックなアクションスコアから壮大なフィナーレへと展開。非常に優雅で華麗でリッチなシンフォニック・スコア。ロイヤルフィルの演奏も素晴らしい。尚、このCDは“ROBERT FARNON: Concert Works”というタイトルで、上記「艦長ホレーショ」の21分程度の組曲に加え、「A la claire fontaine」「State Occasion」「Lake of the Woods」「A Promise of Spring」「Intermezzo for Harp and Strings」「Rhapsody for Violin and Orchestra」といったファーノン作曲・指揮のコンサート音楽が収録されている。

ロバート・ファーノンが手がけたその他の映画音楽には、「(未公開)Spring in Park Lane」(1948)「(未公開)Just William's Luck」(1948)「(未公開)Elizabeth of Ladymead」(1948)「(未公開)Maytime in Mayfair」(1949)「(未公開)Circle of Danger」(1951)「(未公開)His Majesty O'Keefe」(1953)「(未公開)Gentlemen Marry Brunettes」(1955)「(未公開)All for Mary」(1955)「(未公開)True as a Turtle」(1956)「(未公開)It's a Wonderful World」(1956)「(未公開)The Little Hut」(1957)「不死身の保安官(The Sheriff of Fractured Jaw)」(1958)「ミサイル珍道中(The Road to Hong Kong)」(1962)「(未公開)The Truth About Spring」(1964)「シャラコ(Shalako)」(1968)「(未公開)殺しに愛のバラードを(The Disappearance)」(1977)「(TV)イントレピッドと呼ばれた男(A Man Called Intrepid)」(1979)「オーロラ殺人事件(Bear Island)」(1979)「(未公開/TV)Mary and Joseph: A Story of Faith」(1979)「(未公開)Friend or Foe」(1981)等がある。

TVの分野では1972年製作のイギリスのTVシリーズ「コルディッツ大脱走(Colditz)」のテーマ曲が有名である。これは第二次大戦中にドイツ軍のコルディッツ捕虜収容所から脱走した連合軍兵たちを描く実話に基づくストーリー(出演:ロバート・ワグナー、デヴィッド・マッカラム他)だが、この実話をアメリカの映画会社ミラマックスが巨額の製作費をかけてリメイクするとの話があり、トム・クルーズ、ユアン・マクレガー、マット・デイモン、ベン・アフレック、ジュード・ロウといった名前がキャストの候補に上がっているという。

因みに、ロバート・ファーノン“Light Music”を集めたコンピレーションには以下のようなCDがある。

「BRTISH LIGHT MUSIC: ROBERT FARNON」
  ADRIAN LEAPER conducting Czecho-Slovak Radio Symphony Orchestra
  (独Marco Polo / 8.223401) 1991

(Colditz March、State Occasion、The Westminster Waltz、A Star Is Born、他を収録)

また、ファーノンが自作以外の“Light Music”を指揮したアルバムは多数あり、最近では以下のようなCDがある。

「WALTON, ARNOLD, FARNON, COATES」
  ROBERT FARNON conducting BBC Northern Symphony Orchestra
  (英BBC Radio Classics / BBCRD 9115) 1995

(自作以外にウィリアム・ウォルトン、マルコム・アーノルド、エリック・コーツ等の音楽を演奏したもの)

「HITS FROM THE SILVER SCREEN」
  ROBERT FARNON and His Orchestra
  (米Horatio Nelson / HNRCS 8004) 1999

ロバート・ファーノンに関する詳細は、“ROBERT FARNON SOCIETY”のウェブサイト(http://www.rfsoc.freeserve.co.uk/)をご参照。
(2001年11月)

Top


Film Music Composersへ戻る


Copyright (C) 2001 - 2005  Hitoshi Sakagami.  All Rights Reserved.