コリン・タウンズ
 Colin Towns

Date of Birth: 1949
Place of Birth: England, UK
Mini Biography:
Towns began his musical career around the age of 13 in London's East End, often found playing piano at weddings and birthdays. Throughout his teenage years and into his 20s, he played in numerous dance bands and jazz ensembles. In 1976, he joined forces with ex-Deep Purple singer Ian Gillan and became one of the rock successes of the late 70s and early 80s. He played keyboards with the band and co-wrote most of their material. His first post-Gillan recording was the soundtrack to the film "Slayground" in 1983. He has dabbled in most genres of music, including country, R&B and rock. In late 1990, he formed The Mask Orchestra, a 19 piece big band bringing together some of the most important jazz players. He composed music for numerous TV commercials, TV productions and cinematic releases, and wrote songs for Roger Daltry, Dusty Springfield and Cliff Bennett.

Unofficial Colin Towns website :
http://website.lineone.net/~gary_gilmurray/html/intro.html

 


ウィロビー・チェイスのおおかみ  THE WOLVES OF WILLOUGHBY CHASE

作曲・指揮:コリン・タウンズ
Composed and Conducted by COLIN TOWNS

演奏:グランケ交響楽団
Performed by the Symphony Orchestra Graunke of Munich

(英That's Entertainment / CDTER1162) 1989

cover
このCD(輸入盤)を購入する

1989年製作のイギリス映画。監督は「(未公開)ブレイン・スナッチャー/恐怖の洗脳生物」(1994)「(TV)女彫刻家」(1995)「(TV)アイバンホー」(1997)等のスチュアート・オーム。出演はステファニー・ビーチャム、メル・スミス、エミリー・ハドソン、アレックス・ダロウスカ、ジェラルディン・ジェームズ、リチャード・オブライエン、ジェーン・ホロックス、リントン・ディアデン、ジョナサン・コイ、エレノア・デヴィッド、ジリアン・ハンナ、ディリス・ハムレット、アビー・ダブナー、ジリ・ラバス、レベッカ・カラード、ウィリアム・マーティン、トレヴァー・バイフィールド、ロバート・ハミルトン他。ジョーン・エイケンの原作を基にウィリアム・M・エイカーズが脚本を執筆。撮影はポール・ビーソン。ジェームズ三世統治下の暗黒時代のイングランドを舞台に、両親の留守中、家の財産を狙う邪悪な家庭教師スライカープに預けられた2人の少女(ハドソン、ダロウスカ)の冒険を描くファンタジー。ハマー・フィルムのヒロインだったイギリスの女優ステファニー・ビーチャムが悪役のスライカープを演じている。

音楽はイギリス出身の作曲家コリン・タウンズで、ここではイギリス人らしい上質でソリッドなオーケストラル・スコアを提供している。冒頭の「Willoughby Chase」はミステリアスなイントロからオーケストラによる優雅で美しいメインテーマへと展開する序曲風の曲。続く「Main Theme」でピアノとストリングスを主体としたメインの主題が明確に演奏される。この主題がいかにもイギリス製ファンタジー映画的で良い。「Rocking Horse」は軽快で牧歌的なタッチ。「Bonnie Collects Sylvia」はヴィヴィッドで躍動的なオケ。「Playing in the Snow」は陽気なワルツの小品。「Simona's Cave」「Slighcarp in the Bath」「Secret Passage」等はダークなサスペンス調。「Journey to Blastburn」はドラマティックに盛り上がる。「Home Thoughts」はメインの主題の静かなリプライズ。「Collage」も美しくドラマティック。「Dangerous Laundry」「The Ski Sledge」「Slighcarp the Witch」等はダイナミックで激しいオーケストラ音楽で、なかなか緊張感がある。「The Parents Return」はメインの主題の短いイントロから再びサスペンス調に。ラストはメイン・テーマのリプライズにより締めくくる。強い個性はないが、手堅い。

コリン・タウンズが手がけた作品のサントラ盤CDにはこの「ウィロビー・チェイスのおおかみ」の他に、「ジュリア・幽霊と遊ぶ女(Full Circle)」「(TV)Blind Justice」「(TV)キャピタル・シティ(Capital City)」「(TV)修道士カドフェル(Cadfael)」「ブレイン・スナッチャー/恐怖の洗脳生物(The Puppet Masters)」「(TV)バカニアーズ(The Buccaneers)」「The Beatrix Potter Music Collection」「(未公開)ゲストハウス狂騒曲(Guest House Paradiso)」等がリリースされている。
(2003年5月)

Top


クリムゾン・リバー2 黙示録の天使たち LES RIVIERES POURPRES 2: LES ANGES DE L'APOCALYPSE

作曲:コリン・タウンズ
Composed by COLIN TOWNS

指揮:アラン・ウィルソン
Conducted by ALLAN WILSON

演奏:フィルハーモニア管弦楽団
Performed by the Philharmonia Orchestra of London

(仏Milan / 301 682-6)

cover
このCD(日本盤)を購入する

2004年製作のフランス映画(日本公開は2004年5月予定/輸入元はヨーロッパ・コープ ジャパン)。監督は「(未公開)DEJA MORT」(1998)「リトル・トム」(2001)等のオリヴィエ・ダアン。出演はジャン・レノ、ブノワ・マジメル、クリストファー・リー、カミーユ・ナッタ、ジョニー・アリデイ、ガブリエル・ラズール、オーギュスタン・ルグラン、セルジュ・リアブーキン、アンドレ・パンヴェルン、フランシス・ルノー、ダヴィッド・サラシーノ、ミカエル・アビトブール、エリック・エブーアネイ、ジョー・プレスティア、シリル・ラファエリ、ミレーヌ・ジャンパノイ他。ジャン=クリストフ・グランジェの原作をマチュー・カソヴィッツが映画化した「クリムゾン・リバー」(2000)の続編で、今回はリュック・ベッソンがオリジナル脚本を書き下ろしている。撮影はアレックス・ラマルク。フランス北東部にある修道院で、キリスト像から血が流れ出すという奇怪な事件が起こる。現場を調査したパリ警察のニーマンス警視(レノ)は、壁に埋め込まれた死体を発見する。一方、麻薬捜査を進めていたレダ刑事(マジメル)は、キリストを自称する瀕死の男を偶然助ける。2人の刑事が追う別々の事件が1つになる時、巨大な陰謀と7つの封印の謎が浮かび上がる……。

音楽はイギリスの映画音楽作曲家でジャズ・ミュージシャンとしても知られるコリン・タウンズが担当。「Abbey of Saint Arnoul」は、事件の発端となる冒頭の修道院のシーンの劇伴音楽だが、かつてのハマー・フィルム製作のホラー映画にジェームズ・バーナードが作曲したような重厚なオーケストラ音楽となっている。続く「Photo of the Last Supper」は、事件の鍵となる“最後の晩餐”の写真が登場するシーンのミステリアスな音楽。「Angels of the Apocalypse」は、映画のメインタイトルに流れるダイナミックでダークなタッチのメインテーマだが、やはりハマー・フィルム調なのが面白い。「Niemans from Paris」は、ニーマンス警視が事件の現場を捜査するシーンのサスペンス調の曲。「Heimmerich Von Garten」は、クリストファー・リー扮するドイツ役人ハインメルリッヒの主題で、ホラー映画の帝王であるリーにふさわしいダークなタッチ。イギリス人の彼はこの映画でフランス語、ドイツ語、イタリア語等を駆使しているが、実際に彼は数ヶ国語を話せる俳優で、これまでに様々な国籍のおびただしい本数の映画に出演している。「A New Europe Is Drawning」では中盤よりメインの主題が登場。「The Faceless Monk」は、レダ刑事が犯人の1人を追跡するシーンの緊迫感に満ちたアクション音楽で、スコア中でも最も激しいタッチの曲。「Shack by the Lake」「Nailed to the Alter」の後半や「The Killer Monks」もダイナミックなアクション音楽。「Barthelemy - The Supermarket」はスーパーマーケットのシーンのサスペンス音楽で、徐々にテンションを盛り上げていく手法が上手い。「Tidal Wave - Tunnel - Escape」はクライマックスのアクションスコア。コリン・タウンズがこれまでに手がけた映画音楽の中では、最も重厚で緊張感のある正統派サスペンス・アクション・スコアで、なかなか気合が入っている。尚、このサントラCDには上記のタウンズ作曲の劇伴音楽に加え、The Stoogesによる挿入歌「No Fun」「I Wanna Be Your Dog」と、監督のオリヴィエ・ダアンによる「Shoot」ジャン=ポール・ウリエールによる「Blood of Girls」が収録されている。
(2004年3月)

Top


(未公開/TV)DOC MARTIN

作曲:コリン・タウンズ
Composed by COLIN TOWNS

(英P.O.V.Records / POV1105)

cover
このCD(輸入盤)を購入する

2004〜2007年製作のイギリスのTVシリーズ(各50分×21話)。監督はベン・ボルトミンキー・スピロが各エピソードを分担。出演はマーティン・クルーンズ、キャロライン・カッツ、イアン・マクニース、ステファニー・コール、ジョー・アブソロム、キャサリン・パーキンソン、ステュワート・ライト、セリーナ・カデル、ジョン・マルケス、トリスタン・スターロック、ルーシー・パンチ、ジョセフ・モーガン、ジェフ・ロール、アンジェリン・ボール、リチャード・ジョンソン他。脚本はドミニク・ミンゲラ、ジャック・ロシアン、リチャード・ストーンマン、エドナ・ミンゲラ、クリスティー・フォーコス、ジョン・レジアー、マーク・クラウディとクレイグ・ファーガソンが各エピソードを執筆。撮影はクリス・ハワード。イギリス南西部コーンウォールの小さな港町にロンドンからやって来た傲慢で無愛想な外科医マーティン・エリンガム(クルーンズ)が、エピソードを重ねる毎に町の人々との関係を徐々に深めていく人間ドラマ。

音楽はイギリスの作曲家コリン・タウンズ。舞台はイギリスの港町だが、ギターやバンジョーをフィーチャーした舞踏音楽調のブリージーで快調なスコアで、ややラテン・フレーバーを感じさせるところが面白い。ジャズの要素が入っているところも、この作曲家らしい。「Doc Martin Theme」は、ピアノとギター(ジョン・パーリセリ)をフィーチャーしたタンゴ風のリズミックなメイン・テーマ。「Flying Down to Portwenn」は、ミステリアスなタッチ。「Going Bodmin」は、ギターとアコーディオン、「Come and Meet Anthony」はピアノ、バンジョー、アコーディオンをフィーチャーした舞踏音楽風の曲。「Plain English」「Cherish Your Friends」「The Secret of Perfect Batter」「Go Steady on the Breaks」は、躍動的なタッチの曲で、やはり舞踏音楽風。「There Were Good Times Too」「She Were a Looker」は、ややメランコリックなタッチの曲。「I Don't Like Hospital Coffee」は、サスペンス調。「Louisa and Martin」は、リリカルでジェントルな曲。その他、「Mid Twenties - Cheap Looking」「Lovesick」「Out of the Woods」「The Happiest Outcome」「Of All the Harbours in All the Towns」「Portwenn」等、一貫して舞踏音楽調のリズミックな曲が続く。

コリン・タウンズは、The Colin Towns Mask Orchestraの創立者で、6枚のアルバムをリリースしている他、ジャズ・レーベルのProvocateur Recordsを主宰している(この「(未公開/TV)DOC MARTIN」のCDをリリースしているP.O.V.Recordsは、そのサントラ部門)。また、映画音楽以外に演劇の音楽も数多く手がけている。

コリン・タウンズが手がけた映画音楽には「(未公開)ジュリア・幽霊と遊ぶ女(Full Circle, aka The Haunting of Julia)」(1977)「(未公開)The Dumb Waiter」(1979)「(未公開/TV)Live at Oxford Polytechnic」(1981)「(未公開)The Rocking Horse Winner」(1983)「(未公開)Born of Fire」(1983)「(未公開)Slayground」(1983)「(未公開/V)Ian Gillan Band at the Rainbow」(1984)「(未公開)シェイディー(Shadey)」(1985)「(未公開)Rawhead Rex」(1986)「(未公開)Knights & Emeralds」(1986)「(未公開)Bellman and True」(1987)「(未公開/TV)The Fear」(1988)「(未公開/TV)Fellow Traveller」(1989)「(未公開/TV)The Fifteen Streets」(1989)「(未公開)Getting It Right」(1989)「バンパイア・キッス(Vampire's Kiss)」(1989)「(TV)キャピタル・シティ(Capital City)」(1989)「(未公開/TV)A Master of the Marionettes」(1989)「ウィロビー・チェイスのおおかみ(The Wolves of Willoughby Chase)」(1989)「(未公開)デッドライン/おまえを渡さない(Deadline)」(1989)「(未公開/TV)Daughter of Darkness」(1990)「(未公開/TV)Hands of a Murderer」(1990)「(未公開/TV)Clarissa」(1991)「(未公開/TV)The Sandman」(1991)「(未公開/TV)Smack and Thistle」(1991)「(未公開/TV)City Boy」(1992)「(未公開/TV)Truckers」(1992)「(未公開/TV)Between the Lines」(1992)「(未公開/TV)Nice Town」(1992)「(未公開/TV)The Blackheath Poisonings」(1992)「(TV)ピーターラビットとなかまたち(The World of Peter Rabbit and Friends)」(1992〜1995)「(未公開/TV)A Question of Guilt」(1993)「(未公開/TV)Don't Leave Me This Way」(1993)「(未公開/TV)Stark」(1993)「(未公開/TV)Wide-Eyed and Legless」(1993)「(未公開/TV)カリブの渇いた銃弾(Curacao)」(1993)「(未公開/TV)The Dwelling Place」(1994)「(TV)修道士カドフェル(Cadfael)」(1994)「愛に囚われて(Captives)」(1994)「(未公開/TV)Pat and Margaret」(1994)「(未公開)ブレイン・スナッチャー/恐怖の洗脳生物(The Puppet Masters)」(1994)「(未公開/TV)Pie in the Sky」(1994〜1997)「(TV)バカニアーズ(The Buccaneers)」(1995)「(未公開/TV)Chiller」(1995)「(TV)ボディ・ランゲージ(Body Language)」(1995)「(未公開/TV)The Wind in the Willows」(1995)「(未公開/TV)Bodyguards」(1996)「(未公開/TV)The Tide of Life」(1996)「(未公開/TV)The Crow Road」(1996)「(未公開/TV)Our Friends in the North」(1996)「(未公開/TV)The Girl」(1996)「(未公開/TV)The Sculptress」(1996)「スペース・トラッカー(Space Truckers)」(1996)「(未公開/TV)The Wingless Bird」(1997)「(未公開/TV)The Moth」(1997)「(未公開/TV)Noah's Ark」(1997)「(未公開/TV)Into the Blue」(1997)「(未公開/TV)Ivanhoe」(1997)「(TV)魔女の館殺人事件(The Pale Horse)」(1997)「(未公開/TV)The Beggar Bride」(1997)「(未公開/TV)The Locksmith」(1997)「(未公開/TV)Rag Nymph」(1997)「(未公開/TV)Sex & Chocolate」(1997)「(未公開/TV)March in Windy City」(1998)「(未公開/TV)Heaven on Earth」(1998)「(未公開/TV)Imogen's Face」(1998)「(未公開/TV)This Could Be the Last Time」(1998)「(未公開/V)Vig」(1998)「(TV)女には向かない職業(An Unsuitable Job for a Woman)」(1998〜1999)「(未公開/V)The Animal Train」(1999)「(未公開)Faeries」(1999)「(未公開/TV)Tilly Trotter」(1999)「(未公開/TV)第一発見者 昏い部屋(The Dark Room)」(1999)「(未公開/TV)The Waiting Time」(1999)「(未公開)ゲストハウス狂騒曲(Guest House Paradiso)」(1999)「(未公開/TV)The Secret」(2000)「(未公開/TV)Deceit」(2000)「(未公開)Maybe Baby」(2000)「(未公開)サイコ2001(Complicity)」(2000)「(未公開)Essex Boys」(2000)「(未公開/TV)Waking the Dead」(2000)「(未公開/TV)My Fragile Heart」(2000)「(未公開/TV)A Dinner of Herbs」(2000)「(未公開/TV)The Sleeper」(2000)「(未公開/TV)McCready and Daughter」(2001)「(未公開/TV)Angelina Ballerina」(2001)「(未公開/TV)The Life and Adventures of Nicholas Nickleby」(2001)「(未公開/TV)Hot Money」(2001)「(未公開/TV)Dalziel and Pascoe」(2001〜2004)「(未公開/TV)Ella and the Mothers」(2002)「(TV)チップス先生さようなら(Goodbye, Mr. Chips)」(2002)「(未公開/TV)Sons & Lovers」(2003)「(未公開)Man Dancin'」(2003)「(未公開/TV)Rockface」(2003)「クリムゾン・リバー2 黙示録の天使たち(Les rivieres pourpres II - Les anges de l'apocalypse)」(2004)「ダブルオー・ゼロ(Double zero)」(2004)「(未公開/TV)King of Fridges」(2004)「(未公開/TV)Fungus the Bogeyman」(2004)「(未公開)Mon ange」(2004)「(TV)北風ジャックの物語(The Tale of Jack Frost)」(2004)「(未公開/TV)Not Only But Always」(2004)「(未公開/TV)Doc Martin」(2004〜2007)「(未公開/TV)Red Mercury」(2005)「(未公開/TV)Cold Blood」(2005)「(未公開/TV)A Good Murder」(2006)「(TV)ネプチューン(Ghostboat)」(2006)「(未公開/TV)Cold Blood 2」(2007)「(未公開/TV)Mobile」(2007)「(未公開/TV)The Man Who Lost His Head」(2007)「(未公開/TV)Half Broken Things」(2007)「(未公開)Milestones」(2008)等がある。
(2008年3月)

Top


Film Music Composersへ戻る


Copyright (C) 2003 - 2008  Hitoshi Sakagami.  All Rights Reserved.