マルコ・フリシナ
 Marco Frisina

Date of Birth: 1954/12/16
Place of Birth: Rome, Italy
Mini Biography:
Marco Frisina received a diploma in composition in 1979 at Santa Cecilia's Conservatoire, and he also took an arts degree at "La Sapienza" University in Rome in 1983. He entered the Roman Seminary in 1978, studying theology at the Gregorian University, and after taking holy orders he specialized in Holy Scriptures at the Biblical Pontifical Institute. He has been the chapel-master of the Musical Lateran Chapel since 1985. In those years, more precisely in 1984, he thought of creating a choir to animate the liturgies. The Rome Diocese's choir was born exactly in this way, spontaneously, as it is a group of no professional young people, who wants to follow together a spiritual and cultural path. The Rome Diocese's Orchestra was then born to accompany the choir's musical activity. In 1991 he began his cooperation with RAI R.T.I. on an international project called "Bibbia(Bible)", both as biblical consultant and composer of the soundtracks of the first five films. He got two nominations for the Cable Ace Award in USA in 1994 for "Abramo" and "Giacobbe", and he won this award in 1995 for "Giuseppe". His production of liturgical songs is very wide: over a 120 have been published, and loads of them are known both in Italy and abroad. He composed and played for Pope John Paul II and Pope Benedict XVI many oratories. He wrote many symphonic and chamber-music compositions, and he took part in many musical festivals with his orchestra and his two choirs. He always accompanies the Rome Diocese's choir and orchestra to the most important television representations, such as those live concerts from the Vatican, or those in occasion of the most important events broadcast worldwide. He was also the responsible for the Jubilean events during the Great Jubilee of the year 2000, such as the International Eucharistic Convention, the Youth World Day and the Jubilee of the Families. He also composed music for many films of historical subject, such as "Tristano e Isotta", "Michele Strogoff", "Papa Giovanni", "San Pietro", "Giovanni Paolo II", "Edda Ciano" and "Callas e Onassis". He became a teacher at Pontificia Universita della Santa Croce in 2003, and Pontificia Universita Lateranense in 2004. In 2005, he was awarded, together with maestro Claudio Abbado, with the international prize "Giuseppe Verdi".

Official website of Marco Frisina: http://www.marcofrisina.com/

 


(未公開/TV)SAN PIETRO

作曲・指揮:マルコ・フリシナ
Composed and Conducted by MARCO FRISINA

演奏:アカデミア・オペラ・イタリアーナ交響楽団
Performed by Orchestra Sinfonica Accademia d'Opera Italiana

(伊Pesi&Misure / APM CD112) 2005

聖書を基にした2005年製作のイタリアのTV映画。監督はジウリオ・バーセ。出演はオマー・シャリフ、ダニエレ・ペッチ、フラヴィオ・インシーニャ、クラウディア・コール、リナ・サストリ、シドニー・ローム、フィリップ・ルロイ、エットーレ・バッシ、ヨハネス・ブランドルップ、ファブリツィオ・ブッチ、ミレーナ・ミコーニ、ビアンカ・グアッチェロ、マルコ・レオナルディ、マルコ・ヴィヴィオ、マンリコ・ガンマロータ他。脚本はフレンチェスコ・アルランキ、サルヴァトーレ・バシーレとジアンマリオ・パガーノ。撮影はジョヴァンニ・ガラッソ。

音楽は、聖書をベースにしたイタリアのTV映画「LA BIBBIA」シリーズの「(未公開)ABRAHAM」(1994)「(未公開)JACOB」(1994)「(未公開)JOSEPH」(1995)「十戒(MOSES)」(1996)「サムソンとデリラ(SAMSON AND DELILAH)」(1996)等、宗教音楽を得意とする作曲家マルコ・フリシナ「Sotto la croce」は、ストイックでややトラジックな第一主題から、後半は壮大で美しい第二主題に展開。この第一主題は「La deposizione」や、ピアノによる「Sulla barca di Pietro」等でも繰り返される。「Il sepolcro vuoto」は、コーラスとオーケストラによる第二主題の壮大な演奏。この第二主題は「La gioia degli apostoli」「Pietro ad Antiochia」「In missione」「Il vecchio Pietro」「La partenza per Roma」「La crocifissione di Pietro」等でも登場する。「Pietro mi ami tu?」は、ジェントルで美しい第三主題で、この主題は「Paolo tra gli apostoli」「Maria e Pietro」「La predicazione di Pietro」等でも繰り返される。「Gamaliele」「Silvia e Claudio」は、ジェントルでドラマティックな曲。「La conversione di Paolo」は、壮大な合唱曲。「La guarigione dello storpio」「L'arrivo a Roma」「La morte di Paolo」等はストイックなタッチ。「Persecuzione」「Trace」「L'incendio di Roma」はダイナミックな曲。荘厳でドラマティックなシンフォニック・スコアで、モリコーネのベストスコアに近い傑作。
(2006年11月)

Top


(未公開/TV)ヨハネ・パウロ二世 GIOVANNI PAOLO II

作曲・指揮:マルコ・フリシナ
Composed and Conducted by MARCO FRISINA

演奏:SOFIA交響楽団
Performed by Orchestra Sinfonica di SOFIA

(伊Pesi&Misure / APM CD114) 2005

2005年製作のイタリア=アメリカ=ポーランド合作のTV映画。監督は「(TV)最後のガンマン/悪名の町」(1999)「(未公開)ジョージアの風」(1999)「(TV)トロイ ザ・ウォーズ」(2003)等のジョン・ケント・ハリソン。出演はジョン・ヴォイト、ケアリー・エルウェス、ベン・ギャザラ、クリストファー・リー、ヴィットリア・ベルヴェデーレ、ジェームズ・クロムウェル、ダニエレ・ペッチ、エットーレ・バッシ、キアラ・コンティ、ヴァレリア・カヴァッリ、マルチン・クズミンスキ、ジュリエッタ・レヴェル、ロベルト・ゴネラ、クリストファー・グッド、ファブリツィオ・ブッチ、ジュリアーノ・ジェンマ他。脚本はジョン・ケント・ハリソン、フランチェスコ・コンタルド、サルヴァトーレ・バシーレとフランチェスコ・アルランキ。撮影はファブリツィオ・ルッチ。ジョン・ヴォイトが、ポーランド出身のローマ教皇ヨハネ・パウロ二世(本名カロル・ユゼフ・ヴォイティワ/在位期間:1978年10月16日〜2005年4月2日)を演じたバイオグラフィカル・ドラマ。若き日のカロルをケアリー・エルウェスが演じている。

音楽はマルコ・フリシナ「Open the Door」は、オーケストラとコーラスによる荘厳で壮大、かつジェントルでドラマティックなメインの主題。この主題は「La Croce di Widzinski」「Da un paese lontano」「Servo dei servi di Dio」「Annuncio dalla Loggia」「In viaggio per il mondo」「Ritorno in Polonia」等で繰り返し登場する。「Nazisti a Cracovia」は、ストイックでダイナミックな曲。「Deportazione」は、ピアノによる、ややトラジックな曲。「Gli amici di Karol」「In preghiera sui monti」は、ジェントルでリリカルなピアノ曲。「Gita in Kajak」は陽気な舞踏音楽。「La Berretta Cardinalizia」は、オーケストラとコーラスによる壮大でドラマティックな曲。「Votazione in Conclave」はジェントルなタッチ。「La preghiera del Papa」「La Porta Santa」は、荘厳な合唱曲。「Solidarnosc」は、ストイックでドラマティックな曲。「Il perdono del Papa」は、ややトラジックなピアノ曲で、後半はメインの主題に。「Giovane con i giovani」は、ジェントルなピアノ曲で、実に美しい。「La malattia」はトラジックな曲。「Morte del Papa(Finale)」は、メインの主題により締めくくるフィナーレ。

マルコ・フリシナが手がけた作品には「(TV)ソドムとゴモラ(Abraham)」(1994)「(未公開/TV)Jacob」(1994)「(未公開/TV)Joseph」(1995)「(TV)十戒(Moses)」(1996)「(TV)サムソンとデリラ(Samson and Delilah)」(1996)「(未公開/TV)Fatima」(1997)「(未公開/TV)Il cuore e la spada」(1998)「(未公開/TV)Giuseppe di Nazareth」(1999)「(TV)ロシアン・レジェンド 皇帝の密使(Michele Strogoff - il corriere dello zar)」(1999)「(未公開/TV)Gli amici di Gesu - Maria Maddalena」(2000)「(未公開/TV)Giuda」(2001)「(未公開/TV)Tommaso」(2001)「(未公開/TV)Sant'Antonio di Padova」(2002)「(未公開/TV)Papa Giovanni - Ioannes XXIII」(2002)「(未公開/TV)Il bambino di Betlemme」(2002)「(TV)アポカリプス 〜黙示録〜(San Giovanni - L'apocalisse)」(2002)「(未公開/TV)Don Bosco」(2004)「(未公開/TV)Edda」(2005)「(未公開/TV)San Pietro」(2005)「(未公開/TV)ヨハネ・パウロ二世(Pope John Paul II)」(2005)「(未公開/TV)Papa Luciani: Il sorriso di Dio」(2006)「(未公開/TV)Pompei」(2007)「(未公開/TV)Chiara e Francesco」(2007)「(未公開/TV)Paolo VI」(2008)「(未公開/TV)プッチーニ(Puccini)」(2009)等がある。
(2006年11月)
(2009年4月追記)

Top


(未公開/TV)POMPEI

作曲・指揮:マルコ・フリシナ
Composed and Conducted by MARCO FRISINA

演奏:アカデミア・オペラ・イタリアーナ交響楽団
Performed by Orchestra Sinfonica Accademia d'Opera Italiana

(伊RAI Trade / FRT 423)

cover
このCD(輸入盤)を購入する

2007年イタリア製作のTVミニ・シリーズ。監督は俳優としても多数の出演作があるジウリオ・バーセ(本作にも出演している)。出演はロレンツォ・クレスピ、アンドレア・オスヴァルト、マッシモ・ヴェンチュリエロ、マリア・グラツィア・クチノッタ、マウリツィオ・アイエロ、ファブリツィオ・ブッチ、ラリッサ・ヴォルペンテスタ、ジュリアーノ・ジェンマ、フランチェスコ・パンノフィーノ、マッシモ・ジウリアーニ、ジウリエッタ・レヴェル、ジウリオ・バーセ他。脚本はフレンチェスコ・アルランキ、サルヴァトーレ・バシーレとサヴェリオ・デルコーレ。撮影はジョヴァンニ・ガラッソ。ヴェスヴィオ火山の大噴火により79年に壊滅したイタリアの都市国家ポンペイの悲劇を描く史劇ドラマ。

音楽は、ジウリオ・バーセ監督の前作「(未公開/TV)SAN PIETRO」も担当しているマルコ・フリシナ「Pompei - Titoli di Testa」は、ドラマティックでややトラジックな主題によるメインタイトル。このメインの主題は「Partenza Dell'Esercito Romano」「Valeria」「Alle Falde Del Vesuvio」「Lavinia」「In Fuga Sotto I Lapilli」「Sulla Riva Del Mare」等で繰り返し登場する。「Per Roma e Con Roma」「Incontro Con Il Padre」等は、静かにドラマティックな曲。「Terremoto e Battaglia」は、サスペンス調からアクション音楽に展開。「Festino Di Chelidone」は、エキゾチックな舞踏音楽風の曲。「Il Mistero Dei Papiri」「Un Medico Cristiano」は、女声をフィーチャーしたジェントルな曲。「Ricordi Di Tiberio」「Nel Ventre Di Pompei」は、サスペンス音楽。「Amore O Passione?」「Moret Di Tiberio」「Pietre dal Cielo」「La Citta Devastata」等、後半はストイックでダイナミックなタッチの曲が続く。ラストの「Una Nuova Pompei」は、メインの主題により締めくくる。明確なメロディを前面に出した正統派オーケストラル・スコア。
(2007年8月)

Top


(未公開/TV)プッチーニ PUCCINI

作曲・指揮:マルコ・フリシナ
Composed and Conducted by MARCO FRISINA

演奏:ブルガリア交響楽団
Performed by Bulgarian Symphony Orchestra

(伊GDM / GDM 2091)

2009年製作のイタリアのTV映画(90分×2話)。監督は「巨艦いまだ沈まず」(1962)「夜は盗みのために」(1967)「ガンモール/おかしなギャングと可愛い女」(1975)「マリア・カラス 最後の恋」(2005)等のジョルジョ・カピターニ。出演はアレッシオ・ボーニ、ゾフィー・フォン・キッセル、ステファニア・サンドレッリ、アンドレア・ジョルダーナ、フランコ・カステラーノ、フランチェスカ・カヴァリン、ササ・ヴリチェヴィック、ミルコ・ペトリーニ、ピッポ・サントナスターソ、アントニオ・サリネス、アルベルト・アングリサーノ、パメラ・サイノ、セレナ・ロッシ、エステル・ボッタ、フェデリカ・ピコーネ他。ファビオ・カンピュスの原案を基にニコラ・ルスアルディ、フランチェスコ・スカルダマリアとファビオ・カンピュスが脚本を執筆。撮影はクラウディオ・サバティーニ。『トスカ』『蝶々夫人』『ラ・ボエーム』等のオペラで知られるイタリアの作曲家ジャコモ・プッチーニ(1858〜1924)の生涯を描いたバイオグラフィー映画。ボーニがプッチーニを、フォン・キッセルがプッチーニの妻エルヴィーラを、ジョルダーナがプッチーニの恩師である出版社リコルディの社長ジュリオ・リコルディを、カステラーノがオペラ『トゥーランドット』を初演した指揮者アルトゥーロ・トスカニーニを、カヴァリンがジャーナリストのリザ・バーマンを演じている。

音楽は宗教色の強いスコアを得意とするイタリアの作曲家マルコ・フリシナが手がけているが、ここではオペラ作曲家の生涯を描いたドラマにふさわしくクラシカルで美しいスコアを提供している。「Puccini Titoli」は、ジェントルでエレガントなメインの主題。この美しい主題は「Incontro con Elvira」「I doni di Giacomo」「Tentazione suicida」等でも繰り返される。「Cherie」は、優雅なワルツ。「Dolore e passione」は、ドラマティックかつトラジックな主題で、「Fallimento」「Michele va in Argentina」「Contraddizioni di un artista」でも登場する。「Ce l'ho fatta」は、ジェントルで牧歌的な曲。「Corpo e anima」「Doria」「Ricordi di una vita」「Incontro con la madre」等は、ドラマティックなタッチ。「Un sarto in ritardo」「Tosca in fieri」は、快活で躍動的な曲。「Musetta」は、優雅なタッチ。「Ghigliozzi」「Lisa」「La giovinezza e passata」等は、ジェントルな曲。「Al cafe chantant」「Il calesse」は、陽気で快活な舞踏音楽。「Il tumulto dei Ciompi」「Polka a Vienna」は、優雅な舞踏音楽。最後にプッチーニ作曲のオペラ『トゥーランドット』より「Turandot - Nessun dorma」(テナー:ホセ・カレーラス)、『ラ・ボエーム』より「La boheme - si, mi chiamano Mimi」(ソプラノ:レナータ・テバルディ)、『トスカ』より「Tosca - Vissi d'arte」(ソプラノ:ネリー・ミリチオウ)、『蝶々夫人』より「Madama Butterfly - Con onor muore」(ソプラノ:ミリアム・ガウチ)、『マノン・レスコー』より「Manon Lescaut - Sola perduta abbandonata」(ソプラノ:ミリアム・ガウチ)の抜粋を収録。フリシナの作品中では宗教色がなく、純粋にドラマティックなスコア。
(2009年4月)

Top


Film Music Composersへ戻る


Copyright (C) 2006 - 2009  Hitoshi Sakagami.  All Rights Reserved.