マット・ダンクリー
 Matt Dunkley

Date of Birth:
Place of Birth: UK
Mini Biography:
Matt Dunkley studied trumpet and piano at the London College of Music and for a number of years had a busy freelance career performing and teaching. However it wasn't until he began working with world-renowned film orchestrator Christopher Palmer that he really found his musical home. After that he developed a successful arranging and conducting career that lead him to work with pop/rock acts such as The Pet Shop Boys, Massive Attack, U2, Catatonia, Mealnie C, Badly Drawn Boy, Elliott Smith, Dido and Tom Jones, as well as classical crossover acts including Russell Watson, Vanessa Mae, Amici, Bond and Maxsim. Through his arranging work he met the Scottish composer Craig Armstrong, who asked him to help orchestrate his early movie scores – having just made his breakthrough with the Baz Luhrmann movie "Romeo & Juliet". They have worked together on 15 movies including "Moulin Rouge", "Love Actually", "Ray" and "World Trade Center", the scores picking up numerous awards along the way including a Golden Globe, 2 Baftas and 2 Ivor Novellos. He has also orchestrated and conducted for the composers such as A.R.Rahman and Tuomas Kantelinen, as well as working for such Hollywood names as John Murphy and Hans Zimmer. As a composer he started out in TV - scoring a number of network series for ITV and the BBC including "I Saw You", "Rescue Me", "Safe as Houses" and "Number 13". In 2005 he was asked to score his first film - a new Anglo-French movie, "The 4 Musketeers"(aka "D'Artagnan and the 3 Musketeers"), directed by Pierre Aknine. In 2006 he composed the score to the Anglo-Belgian action thriller "Storm Force"(aka "Windkracht 10") directed by Hans Herbots.

Official website of Matt Dunkley: http://www.mattdunkley.com/

 


(未公開)三銃士 妖婦ミレディの陰謀 THE 4 MUSKETEERS

作曲・指揮:マット・ダンクリー
Composed and Conducted by MATT DUNKLEY

演奏:チェコ交響楽団、プラハ・フィルハーモニー合唱団
Performed by the Czech Symphony Orchestra, Prague Philharmonic Choir

(スウェーデンMoviescore Media / MMS-08010)

2005年製作のフランス=カナダ=イギリス=チェコ合作映画(フランス語題名は「D'ARTAGNAN ET LES TROIS MOUSQUETAIRES」)。監督は、俳優としての出演作も多いピエール・アクニーヌ。出演はヴァンサン・エルバズ、エマニュエル・ベアール、チェッキー・カリョ、アイノ・フェルシュ、グレゴリ・デランジェール、グレゴリー・ガドゥボワ、ステファニア・ロッカ、ディアナ・アンフト、ジャック・スピエセール、トリスタン・ウヨア、ステファーヌ・ブシェール、ジル・ルノー、マチュー・シャンベール、ジュリア・テュルノー、エメリック・ジョルジュ他。過去に何度も映画化されている有名なアレクサンドル・デュマの原作を基にピエール・アクニーヌとジェラール・ワルレヴァンが脚本を執筆。撮影はアレン・スミス。エルバズがダルタニヤン、ベアールがミレディ、カリョが枢機卿リシュリュー、デランジェールがアラミスを演じる『三銃士』の幾度目かの映画化。

音楽は、イギリスのオーケストレーターで作曲家のマット・ダンクリー。80人編成のオーケストラと40人編成の合唱団に打ち込みによるパーカッションを加えたオーソドックスなアンダースコアで、なかなか爽快なアドヴェンチャー音楽を展開している。「Father and Son」は、オーケストラによるマーチ風のヒロイックなメインの主題。「The Queen Sends Constance Away」は、ややトラジックなタッチのコンスタンス(アンフト)の主題。「 D'Artagnan and Milady Fight」は、ミリタリスティックでダイナミックなアクション音楽。「Firelight」は、ジェントルなタッチ。「The Hanging」は、ダークでミステリアスなコーラス。「The Anteroom to Hell」「Milady Attempts Murder」「Father Cortes」「Athos' Story」「The Poisoning」等は、サスペンス音楽。「Riding to Paris」「Tavern Fight」は、ストイックでダイナミックな曲。「Leavetaking」「D'Artagnan the Swordsman」は、明るく躍動的な曲。「Aramis' Confessional」「The Queen Despairs」は、メランコリックなタッチ。「Destroying the Pact」「Gun Battle」は、ダイナミックなアクション音楽。「To Buckingham's Castle」は、宮廷音楽風の曲。「Possession and Fight」は、ミステリアスなコーラスから後半はダイナミックなタッチに。「Constance and D'Artagnan」「A Secret Revealed」は、ジェントルでリリカルな曲。「The Execution」は、ドラマティックなコーラスにより締めくくる。メインの主題等はイギリスの作曲家らしいタッチだが、激しいアクション音楽になると個性がなくなる。

マット・ダンクリーは、クラシック・フィルム・スコアの新録音等で偉大な業績を残したイギリスの著名なオーケストレーター、クリストファー・パルマー(1946〜1995)のアシスタントとして映画音楽の仕事を始め、クレイグ・アームストロングランディ・エデルマンのスコアのオーケストレーターや指揮を務めつつ、自らもイギリスのTV番組を中心に作曲活動を行っている。これは、彼が作曲したスコアでは現時点で唯一のサントラ盤で、1000枚限定プレス。

マット・ダンクリーが作曲した映画音楽には「(未公開/TV)I Saw You」(2000)「(未公開/TV)Safe as Houses」(2000)「(未公開/TV)Rescue Me」(2002)「(未公開)三銃士 妖婦ミレディの陰謀(D'Artagnan et les trois mousquetaires, aka The 4 Musketeers)」(2005)「(未公開)Fast Learners」(2006)「(未公開)レスキューチーム 第40部隊(Windkracht 10: Koksijde Rescue, aka Stormforce)」(2006)「(未公開/TV)Number 13」(2006)等がある。
また、オーケストレーションや指揮を担当したスコアには「プランケット&マクレーン(Plunkett & Macleane)」(1999)「ボーン・コレクター(The Bone Collector)」(1999)「ムーラン・ルージュ(Moulin Rouge!)」(2001)「キス・オブ・ザ・ドラゴン(Kiss of the Dragon)」(2001)「愛の落日(The Quiet American)」(2002)「ラブ・アクチュアリー(Love Actually)」(2003)「ワールド・トレード・センター(World Trade Center)」(2006)「エリザベス:ゴールデン・エイジ(Elizabeth: The Golden Age)」(2007)「幸せになるための27のドレス(27 Dresses)」(2008)「アイアンマン(Iron Man)」(2008)「インクレディブル・ハルク(The Incredible Hulk)」(2008)「ダークナイト(The Dark Knight)」(2008)「ハムナプトラ3 呪われた皇帝の秘宝(The Mummy: Tomb of the Dragon Emperor)」(2008)等がある。
(2008年9月)

Top


Film Music Composersへ戻る


Copyright (C) 2008  Hitoshi Sakagami.  All Rights Reserved.