宇宙戦争 WAR OF THE WORLDS

作曲・指揮:ジョン・ウィリアムス
Composed and Conducted by JOHN WILLIAMS

(米Decca / B0004568-02)

cover
このCD(輸入盤)を購入する
cover
このCD(日本盤)を購入する

2005年製作のアメリカ映画。監督はスティーヴン・スピルバーグ。出演はトム・クルーズ、ダコタ・ファニング、ティム・ロビンス、ジャスティン・チャットウィン、ミランダ・オットー、リック・ゴンザレス、ユル・ヴァスケス、レニー・ヴェニート、リサ・アン・ウォルター、デヴィッド・アラン・バスケ、マイケル・ブラウニー、カミリア・セインズ、マーロン・ヤング、ジョン・エディンズ他。「月世界旅行」(1902)「透明人間」(1933)「来るべき世界」(1936)「タイム・マシン/80万年後の世界へ」(1959)「巨大生物の島」(1976)「ドクター・モローの島」(1977)等の映画化作品で知られる著名なSF作家H・G・ウェルズ(1866〜1946)が1898年に発表した異星人侵略ものの古典を基に、デヴィッド・コープとジョシュ・フリードマンが脚本を執筆。撮影はヤヌス・カミンスキー。ウェルズの原作は1953年にジョージ・パル製作/バイロン・ハスキン監督による「宇宙戦争」として一度映画化されている(その時の主演だったジーン・バリーとアン・ロビンソンがこのスピルバーグ版にもカメオ出演している)。また、1938年にはオーソン・ウェルズがこの原作をラジオ・ドラマ化して放送したが、リアルさを狙ってニュース・スタイルのドラマとしたため実際に宇宙人が襲ってきたと信じた人々がパニックになったという有名なエピソードがある。この出来事そのものを映画化した「アメリカを震撼させた夜」(1975/監督:ジョセフ・サージェント/主演:ヴィク・モロー)というTV映画もある。このスピルバーグ版の新作は、「インデペンデンス・デイ」(1996)「デイ・アフター・トゥモロー」(2004)といったローランド・エメリッヒ監督の異星人侵略・世界崩壊テーマ作品のような俯瞰的な視点ではなく、主人公とその家族の視点に絞って、異星人が侵略してくる様を「プライベート・ライアン」の戦闘シーンに通ずる迫真のリアリズムで描写している点がユニーク。H・G・ウェルズの原作が発表された時にも戦争に対する世界不安が背景にあったが、このスピルバーグ版は世界中で現実に発生している戦争やテロリズムに対する人々の恐怖や不安を背景に製作されている。

ジョン・ウィリアムスのスコアは、スピルバーグ監督の「ジョーズ」や「未知との遭遇」に彼が提供したドライでサスペンスフルなスコアを踏襲した、非常に効果的な劇伴音楽となっている。「Prologue」は、アブストラクトで不吉なタッチのプロローグにモーガン・フリーマンによるオープニングナレーションがかぶさる。「The Ferry Scene」は、フェリーに乗り込もうとする主人公たちに宇宙人のトライポッドが襲撃してくるシーンのサスペンス音楽。「The Intersection Scene」は、落雷により交差点の真ん中に開いた穴からトライポッドが出現するシーンの音楽。徐々にサスペンスを盛り上げていくテクニックは流石。この曲や、「Escape from the City」「The Attack on the Car」「Escape from the Basket」といったサスペンス音楽は、ビジーなブラスとストリングスのパッセージが「ジョーズ」のクライマックスのアンダースコアを思い出させる。「Ray and Rachel」は、主人公レイ(クルーズ)と娘のレイチェル(ファニング)を描いたジェントルな主題。「The Return to Boston」は、後半なストイックなマーチが印象的。「The Reunion」は、主人公たちの家族が再会するエンディングを描いたジェントルなタッチの曲で、モーガン・フリーマンによる結末のナレーションがかぶさる。「Epilogue」は、トラジックなタッチのエピローグ。
(2005年7月)

John Williams

Soundtrack Reviewに戻る


Copyright (C) 2005  Hitoshi Sakagami.  All Rights Reserved.