(未公開)仁川 INCHON

作曲・指揮:ジェリー・ゴールドスミス
Composed and Conducted by JERRY GOLDSMITH

(米Intrada / Intrada Special Collection Volume 35)


1981年製作の韓国=アメリカ合作映画。監督は「007/ロシアより愛をこめて」(1963)「トリプルクロス」(1966)「クリスマス・ツリー」(1968)「レッド・サン」(1971)「バラキ」(1972)等のテレンス・ヤング。出演はローレンス・オリヴィエ、ジャクリーン・ビセット、ベン・ギャザラ、三船敏郎、リチャード・ラウンドツリー、デヴィッド・ジャンセン、クン・ウォン・ナム、ガブリエル・フェルゼッティ、サビーヌ・サン、ドロシー・ジェームズ、カレン・カーン、リディア・レイ、ジェームズ・T・キャラハン、リオン・モーガン、アンソニー・ドーソン他。脚本はレイアード・コーニッグ、ロビン・ムーアとポール・サヴェッジ。撮影はブルース・サーティーズ。朝鮮戦争の史実に基づいたドラマ。1950年6月25日に北朝鮮軍が大韓民国に侵攻を開始して朝鮮戦争が勃発。1950年9月15日、ダグラス・マッカーサー将軍(オリヴィエ)率いる国連軍は仁川(インチョン)に上陸し、北朝鮮軍の後方を遮断して攻勢に出る……。特殊メイクによりマッカーサーに扮した名優オリヴィエの顔が蝋人形のように見える怪作。1979年に韓国で開始された撮影は、自然災害(台風)や人災により収拾がつかなくなり、製作費は44百万ドル以上に膨れ上がったが、完成した映画も不評で何度も再編集され、最終的に北米での興行収入は2百万ドルにも満たなかったという。

スコアを作曲したジェリー・ゴールドスミスにとって、1980年6月のローマ、フォーラム・スタジオでの録音は、劣悪なスタジオ環境や頻繁に交代するオーケストラ楽員等の悪条件により非常に困難なものだったようだが、完成した55分のスコアを彼は気に入っており、1982年に米RegencyレーベルがリリースしたサントラLP用には、自ら素材を細かく編集して38分にまとめ ている。その後、1988年に米IntradaレーベルがリリースしたサントラCDは、新たに発見された1インチ・マルチトラックマスターを利用してゴールドスミス自身が更に編集を加えたエクスパンデッド版だった。今回、2006年に同じく米IntradaレーベルがリリースしたCDは、マルチトラック・セッションマスターから新たにリミックス/リマスターされたコンプリート・スコアCDと、1980年LP版の初CD化の2枚組となっている(以下はコンプリート・スコアのレビュー)。「Prologue and Main Title」は、仁川港を描写したエキゾチックなタッチのプロローグから、ビジーでダイナミックなメインタイトルへと展開。「The Bridge」は、ジェントルなリム(カーン)の主題から、パーカッシヴでダイナミックなアクション音楽へ。このリムの主題は、「The 38th Parallel」「The Tanks」「A Change of Course」等でも繰り返し登場する。「Medley」は、勇壮なマーチによるマッカーサーの主題から、リムの主題、そして韓国の子供たちの主題(韓国の民謡)へと展開するメドレー。「Love Theme」は、ピアノとストリングスによりドラマティックに盛り上がるラヴテーマ。この主題は劇中では後半「The Apology」でのみ登場する(この「Love Theme」はアルバム用に録音したフル・バージョン)。「The Church」は、ビジーなタッチから子供たちの主題へ。このポピュラーな民謡をベースにした主題は、「The Trucks」「Corpses」「The Children」「The Scroll」等で何度も顔を出す。「MacArthur's Arrival」は、マッカーサーの主題。このマーチの主題は「Resignation」「The Landing」「Task Force」等でも登場。「The Harbor」は、仁川港の主題。「The Clock Watcher」「The Mines」等はサスペンス音楽。ラストの「Inchon Theme」は、マッカーサーのマーチにより締めくくる。余談だが、ゴールドスミスは1977年製作の「マッカーサー(MacARTHUR)」(監督:ジョセフ・サージェント、主演:グレゴリー・ペック)でも「マッカーサー・マーチ」を作曲している。

この米IntradaリリースのCDは1,500枚限定プレスで、あっという間に完売した。収録曲は以下の通り。

= CD 1 =
1. Main Title (2:22)
2. Resignation (2:10)
3. The Bridge (3:30)
4. The Church (3:57)
5. The Mines (4:19)
6. Task Force (3:06)
7. Medley (2:13)
8. Love Theme (3:00)
9. The Tanks (3:41)
10. Lim's Death (3:12)
11. The Trucks (3:00)
12. Inchon Theme (3:21)

CD 1 Total Time = 38:27

= CD 2 =
1. Prologue and Main Title (3:48)
2. The Bridge (3:30)
3. The 38th Parallel (1:17)
4. Medley (2:13)
5. Love Theme (3:00)
6. The Aftermath (0:53)
7. The Tanks (3:41)
8. A Change of Course (1:13)
9. The Church (2:24)
10. MacArthur's Arrival (0:50)
11. The Harbor (1:15)
12. The Trucks (3:00)
13. Corpses (1:18)
14. The Children (0:48)
15. The Apology (2:38)
16. The Lighthouse (2:28)
17. The Clock Watcher (0:35)
18. The Mines (5:37)
19. Resignation (2:10)
20. The Landing (1:18)
21. Lim's Death (2:09)
22. The Scroll (2:21)
23. Task Force (3:06)
24. Inchon Theme (3:21)

CD 2 Total Time = 55:23

(2006年10月)

Jerry Goldsmith

Soundtrack Reviewに戻る


Copyright (C) 2006  Hitoshi Sakagami.  All Rights Reserved.