(TV)ナイトメア2 〜血塗られた秘密〜 / ナイトメア3 〜最終章〜  PENNY DREADFUL: SEASONS 2 AND 3

作曲・指揮:アベル・コルゼニオフスキー
Composed and Conducted by ABEL KORZENIOWSKI

演奏:ハリウッド・スタジオ交響楽団
Performed by the Hollywood Studio Symphony

(米Varese Sarabande / 302 067 460 8)

cover
このCD(輸入盤)を購入する

2015〜2016年製作のアメリカ=イギリス=アイルランド合作テレビシリーズ(シーズン2は60分×10話、シーズン3は60分×9話/シーズン2は2015年5〜7月、シーズン3は2016年5〜6月に米Showtime Networksで放映/日本ではシーズン2は2016年4〜6月、シーズン3は2017年3月〜にWOWOWで放映)。製作総指揮は「グラディエーター」(2000)「ラスト サムライ」(2003)「アビエイター」(2004)「スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師」(2007)「英雄の証明」(2011)「ヒューゴの不思議な発明」(2011)「007 スカイフォール」(2012)等の脚本を手がけているジョン・ローガン(1961〜)。監督は「(TV)ファニー・ヒル 〜禁断の扉〜」(2007)「(TV)チャレンジャー号 73秒の真実」(2013)等のジェームズ・ホーズ「(TV)THE TUDORS 〜背徳の王冠〜」(2007)「(TV)デクスター 〜警察官は殺人鬼」(2009)「(TV)ゲーム・オブ・スローンズ 第一章:七王国戦記」(2011)「(TV)大いなる遺産」(2011)等のブライアン・カーク「スナイパー」(2002)「(TV)アンダー・ザ・ドーム」(2013)「(TV)ウォーキング・デッド」(2015〜2016)等のカリ・スコグランド「トカレフ」(2014)「バッド・バディ!私と彼の暗殺デート」(2016)等のパコ・カベサス「ザ・ラスト・ウォーリアー」(2014)等のトア・フレイザーデイモン・トーマスが各エピソードを担当。出演はジョシュ・ハートネット、ティモシー・ダルトン、エヴァ・グリーン、ハリー・トレッダウェイ、リーヴ・カーニー、ビリー・パイパー、ダニー・サパーニ、ロリー・キニアー、サイモン・ラッセル・ビール、ヘレン・マクローリー、ダグラス・ホッジ、セーラ・グリーン、デヴィッド・ヘイグ、ルース・ジェメル、タムシン・トポルスキー他。脚本はジョン・ローガン、アンドリュー・ハインドレイカー、クリスティ・ウィルソン=ケアンズ。撮影はオーウェン・マクポーリン、P・J・ディロン、ジョン・コンロイ、ナイジェル・ウィロビー。製作総指揮に「アメリカン・ビューティー」(1999)「ロード・トゥ・パーディション」(2002)「レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで」(2008)「007 スカイフォール」(2012)等の監督サム・メンデスが参加している。ヴィクトリア朝のロンドンを舞台に、イギリス人の探検家サー・マルコム・マレー(ダルトン)、アメリカ人のガンマン、イーサン・チャンドラー(ハートネット)、透視能力を持つ霊能者ヴァネッサ・アイヴス(グリーン)、科学者ヴィクター・フランケンシュタイン博士(トレッダウェイ)が超自然の脅威に挑むホラー・ファンタジー。

音楽はシーズン1に引き続き「シングルマン」(2009)「ウォリスとエドワード 英国王冠をかけた恋」(2011)等のポーランド人作曲家アベル・コルゼニオフスキー(1972〜)が作曲。CD2枚組になっており、1枚目にシーズン2、2枚目にシーズン3のスコアを収録。1枚目の冒頭「The Unquiet Grave」は、雷鳴のSEからララバイ風のジェントルなヴォーカルへ。「Memento Mori」「Dolls Have Hearts」は、不吉なコーラス入りのダークで重厚な曲。「Verbis Diablo」「Joan Clayton」「Weapon. Ritual. Superstition.」は、ドラマティックなタッチの曲。「Poison」「Ethan's Waltz」「Until the Storm's Past」「Little Scorpion」は、メランコリックな曲。「Vanessa's Dream」は、ピアノをフィーチャーしたメランコリックで美しい曲。「The Cutwife of Ballentree Moor」「Killing Sir Geoffrey Hawkes」「Breaking the Spell」「Entering the Castle」「Coffins」は、ダークなサスペンス音楽。「Melting Waltz」は、コルゼニオフスキーの個性が強く表れたメランコリックで美しいワルツ。「Gossamer Tennis」「Ghost Waltz」は、優雅でジェントルな曲。「House of Wax」「Be True」も、静かに美しい。「Wallpapers」「Know Your Master」は、ダイナミックなアクション音楽。2枚目の冒頭「The Master」は、ダークで重厚かつドラマティックな曲。「New Mexico」「We Butcher Them」「Ethan Kills」は、サスペンス音楽から後半ダイナミックで躍動的なタッチへ。「Las Cruces」「False Mirrors」「White Room」「Revelation」は、ダークなサスペンス音楽。「Dr. Jekyll」は、ドラマティックでスリリング。「Madness」「Us and Our Kin」「House of the Night Creatures」「Such Is Our Power, Such Is Our Kingdom」は、重厚でダイナミックなタッチ。「Nocturnal Danger」「Guardian Angels」「Common Red Fox」「Rejection」「One Day Soon」「Boat to Africa」は、メランコリックで美しい曲。「All Light Will End」は、ダークなホラー音楽。「Werewolves」は、ダイナミックなサスペンスアクション音楽。ラストにシーズン1のボーナストラックとしてメランコリックで美しい「Explorer's Club」を収録。シーズン1と同様、ダークかつメランコリックで情感豊かなドラマティック・スコア。
(2017年2月)

Abel Korzeniowski

Soundtrack Reviewに戻る


Copyright (C) 2017  Hitoshi Sakagami.  All Rights Reserved.