ジョエル・マクニーリー
  Joel McNeely

Date of Birth: 1959
Place of Birth: Madison, Wisconsin, USA
Mini Biography:

Born into a musical family in Madison, Wisconsin, Joel McNeely's interest in music began at an early age. A meeting with legendary composer Elmer Bernstein at the age of 12 inspired him to embark on a career writing music for film. At age 14, he was accepted into the Interlochen Arts Academy in Michigan and began concentrated music studies in composition and flute performance. After graduating from Interlochen, he headed to the University of Miami, where he studied jazz composition and performance. While still an undergraduate, he toured the world, playing with legendary performers including Tony Bennett, Peggy Lee, Al Green, Melissa Manchester, Chuck Mangione, Bobby Caldwell, Jaco Pastorius and Dave Leibman. He earned a master's degree in composition at the Eastman School of Music in Rochester, New York, where the renowned educator Rayburn Wright influenced him deeply as both a composer and an orchestrator. At Eastman, he also studied with well-known composer Christopher Rouse. He then headed to Los Angeles where he began working as a studio musician in the film industry. Early support from composers David Shire and Bruce Broughton was also critical in helping McNeely get established. As a composer for film and television, he has worked with some of Hollywood's most influential producers and directors including James Cameron, John Lasseter, Seth MacFarlane and George Lucas. Some of his film credits include "The Tinker Bell Movie", "Lilo and Stitch 2", "Return to Neverland", "Ghosts of the Abyss", "Uptown Girls", "Virus", "The Avengers", "Wild America" and "Terminal Velocity". Television credits include Seth MacFarlane's "American Dad", James Cameron's "Dark Angel", "Sally Hemmings: An American Scandal", "Buffalo Soldiers" and "The Young Indiana Jones Chronicles". He received the Emmy Award for Outstanding Achievement in Music Composition ("The Young Indiana Jones Chronicles"), as well as an ASCAP Film and Television Award ("Air Force One") and a Gramophone Magazine Award for his recording of the motion picture score of "Vertigo".

Official website of Joel McNeely: http://www.joelmcneely.com/

 


スター・ウォーズ 帝国の影  STAR WARS: SHADOWS OF THE EMPIRE

作曲・指揮:ジョエル・マクニーリー
Composed and Conducted by JOEL McNEELY

演奏:ロイヤル・スコティッシュ・ナショナル管弦楽団 & 合唱団
Performed by THE ROYAL SCOTTISH NATIONAL ORCHESTRA and CHORUS

(米Varese Sarabande / VSD-5700)

cover
このCD(輸入盤)を購入する

これは実は映画のサントラではない。「スター・ウォーズ」シリーズはジョージ・ルーカスのルーカスフィルムが全権利を所有しているが、このシリーズのキャラクターを利用した(映画版のストーリーとは別の)小説が何冊か出版されており、このShadows of the Empire」も実はそういった小説の1つなのである。で、そこに米国のサントラ盤レーベルのVarese Sarabande社のオーナーであるロバート・タウンソンが目をつけて、この小説をベースとした音楽を新たに作曲してレコーディングしようと考え、ルーカスフィルムに企画を持ち込んだというわけである。

オリジナルスコアを作曲するためにタウンソンが指名した作曲家はハリウッドの若手実力派の一人であるジョエル・マクニーリー。ジョージ・ルーカス製作のTVシリーズ「インディ・ジョーンズ若き日の大冒険」(ローレンス・ローゼンタールと共作)や「白銀に燃えて」「ターミナル・ベロシティ」「フリッパー」等にスペクタキュラーなシンフォニック・スコアを書いている。ジョン・ウィリアムスは「スター・ウォーズ」の音楽にワーグナーのオペラ等に見られるライトモチーフの手法を用いたが、マクニーリーもここで同じ手法を取り入れ、メイン・テーマや帝国のテーマはウィリアムスの作曲した音楽を流用している。マクニーリーの書いたオリジナルの部分もかなり「ウィリアムス的」で、いかに彼が強く影響を受けているかがよくわかる。確かにマクニーリーは器用な作曲家で「白銀に燃えて」など抜群に良いが、こういうスコアを聴くともう少し個性があった方がいいのではと感じてしまう。
(1996年7月)

Top


(未公開)スクワント/伝説の勇者 SQUANTO: A WARRIOR'S TALE

作曲・指揮:ジョエル・マクニーリー
Composed and Conducted by JOEL McNEELY

(米Intrada / Intrada Special Collection Volume 179)

 ★TOWER.JPで購入

1994年製作のアメリカ映画(日本では劇場未公開でビデオ発売済)。監督は「ジャーニー・オブ・ホープ」(1990)等のグザヴィエ・コーラー。出演はアダム・ビーチ、シェルドン・ピーターズ・ウォルフチャイルド、アイリーン・ベダード、エリック・シュウェイグ、ルロイ・ペルティエ、マイケル・ガンボン、ナサニエル・パーカー、アレックス・ノートン、マーク・マーゴリス、ジュリアン・リッチングス、マンディ・パティンキン、ドナル・ドネリー、ステュアート・パンキン、ポール・クレメントウィッツ、ブレイ・プアー他。脚本はダーリーン・クラヴィオット、撮影はロビー・グリーンバーグ。奴隷としてイギリスに連れて行かれた一人のネイティブ・アメリカンが生還し、部族を守り抜く姿を描くヒューマン・ドラマ。東海岸に住むインディアン、パトゥセット族の酋長の息子スクワント(ビーチ)は、ある日突然現われたサー・ジョージ(ガンボン)率いるイギリス商船の乗組員に捕まり、奴隷としてイギリスに連れて行かれてしまう。イギリスをからくも脱出し、数年後に故郷に戻ってきたスクワントは、自分たちの土地に移り住んだ白人たちを目の当たりにし、彼らと部族との共存を模索しはじめる。

音楽は「(TV)インディ・ジョーンズ/若き日の大冒険」(1992〜1993)「白銀に燃えて」(1993)「アベンジャーズ」(1998)「(TV)ダーク・エンジェル」(2000〜2001)「ピーター・パン2/ネバーランドの秘密」(2002)「(V)ティンカー・ベル」(2008)等のジョエル・マクニーリー「Main Title」は、静かにジェントルなオープニングからオーケストラによる大らかなメインの主題へ展開するメインタイトル。「The Honeymooners」は、メインの主題のバリエーションから後半ダイナミックで躍動的なタッチへ。「Kidnapped」は、ドラマティックでダイナミックなアクション音楽。「Arrival in Plymouth」は、エスニックで躍動的なタッチから後半は勇壮なマーチへ。「Bear Pit / Squanto Escapes」は、ダークなサスペンス調からダイナミックなアクション音楽へ。「Squanto Found」「The Hawk」「Montage」「Burning Boat / Fire To Pilgrims」等は、ドラマティックな曲。「Horse Ride」は、ジェントルなタッチから後半ダイナミックでヒロイックな主題へ。「Lacrosse / Lonely Brave / Hawk Warning / Sacking The Monastery」は、躍動的でダイナミックな曲。「Goodbye」は、ジェントルな主題から後半ドラマティックに盛り上がる。「Epinow Rescue」「The Great Escape」は、ダイナミックでストイックなアクション音楽。「Confrontation」は、抑制されたサスペンス音楽。「The Healing」「Thanksgiving」もドラマティックなタッチ。「End Credits」は、大らかなメインの主題からヒロイックに盛り上がるエンドクレジット。マクニーリーらしいエモーショナルでドラマティックなオーケストラルスコア。このスコアの初アルバム化で1500枚限定プレス。

ジョエル・マクニーリーが手がけた作品には

「(未公開/TV)Our House」(1986〜1988)
「(未公開)あばよ、デ・ニーロ(You Talkin' to Me?)」(1987)
「(TV)スプラッシュ2(Splash, Too)」(1988)
「(未公開/TV)Disneyland - Davy Crockett: Rainbow in the Thunder」(1988)
「(未公開/TV)Parent Trap III」(1989)
「(TV)ポリー/歌う天使(Polly)」(1989)
「(未公開/TV)Parent Trap: Hawaiian Honeymoon」(1989)
「(未公開)The Blue Men」(1990)
「(TV)ヒトラーの娘/甦るナチの陰謀(Hitler's Daughter)」(1990)
「(TV)ポリー/天使と仲間たち(Polly: Comin' Home!)」(1990)
「(未公開/TV)Tiny Toon Adventures - Looking Out for the Little Guy, - Inside Plucky Duck, - Mr. Popular's Rules of Cool!」(1990)
「(未公開/TV)Darkwing Duck - Beauty and the Beet」(1991)
「(TV)マイ・フレンド・フランケン(Frankenstein: The College Years)」(1991)
「(未公開/TV)Lady Against the Odds」(1992)
「(未公開)Samantha」(1992)
「(TV)インディ・ジョーンズ/若き日の大冒険(The Young Indiana Jones Chronicles)」(1992〜1993)
「白銀に燃えて(Iron Will)」(1994)
「ターミナル・ベロシティ(Terminal Velocity)」(1994)
「(未公開)笑撃生放送!ラジオ殺人事件(Radioland Murders)」(1994)
「(未公開)スクワント/伝説の勇者(Squanto: A Warrior's Tale)」(1994)
「(未公開/TV)The Adventures of Young Indiana Jones: Attack of the Hawkmen」(1995)
「(未公開)ゴールド・ディガーズ/伝説の秘宝を追え!(Gold Diggers: The Secret of Bear Mountain)」(1995)
「フリッパー(Flipper)」(1996)
「(VG)スター・ウォーズ 帝国の影(Star Wars: Shadows of the Empire)」(1996)
「ベガス・バケーション(Vegas Vacation)」(1997)
「Born to be ワイルド(Wild America)」(1997)
「(未公開/TV)Buffalo Soldiers」(1997)
「エアフォース・ワン(Air Force One)」(1997/追加音楽)
「アベンジャーズ(The Avengers)」(1998)
「(未公開/TV)Buddy Faro」(1998)
「(未公開)Zack and Reba」(1998)
「ソルジャー(Soldier)」(1998)
「(未公開/V)The Adventures of Young Indiana Jones: Oganga, the Giver and Taker of Life」(1999)
「(未公開/V)Virus: Ghost in the Machine」(1999)
「(未公開/V)The Adventures of Young Indiana Jones: The Phantom Train of Doom」(1999)
「ヴァイラス(Virus)」(1999)
「(未公開/TV)Road Rage」(1999)
「(未公開/TV)Sally Hemings: An American Scandal」(2000)
「(TV)レスリー・ニールセン 裸のサンタクロース(Santa Who?)」(2000)
「(TV)ダーク・エンジェル(Dark Angel)」(2000〜2002)
「(未公開/TV)All Souls - Bad Blood」(2001)
「(未公開)Lover's Prayer はつ恋(All Forgotten, aka Lover's Prayer)」(2001)
「ピーター・パン2/ネバーランドの秘密(Return to Never Land)」(2002)
「(未公開/TV)The Court」(2002)
「(未公開)ジャングル・ブック2(The Jungle Book 2)」(2003)
「ジェームズ・キャメロンのタイタニックの秘密(Ghosts of the Abyss)」(2003)
「(未公開)穴/HOLES(Holes)」(2003)
「アップタウン・ガールズ(Uptown Girls)」(2003)
「(未公開)Stateside」(2004)
「(未公開)America's Heart and Soul」(2004)
「(V)ムーラン2(Mulan II)」(2004)
「ステップフォード・ワイフ(The Stepford Wives)」(2004/追加音楽)
「(未公開)くまのプーさん ザ・ムービー/はじめまして、ランピー!(Pooh's Heffalump Movie)」(2005)
「(V)リロ&スティッチ2(Lilo & Stitch 2: Stitch Has a Glitch)」(2005)
「(V)きつねと猟犬2/トッドとコッパーの大冒険(The Fox and the Hound 2)」(2006)
「(V)シンデレラ III 戻された時計の針(Cinderella III: A Twist in Time)」(2007)
「(未公開)I Know Who Killed Me」(2007)
「(未公開/V)The Adventures of Young Indiana Jones: Love's Sweet Song」(2007)
「(未公開/V)The Adventures of Young Indiana Jones: Passion for Life」(2007)
「(未公開/V)The Adventures of Young Indiana Jones: Demons of Deception」(2007)
「(未公開/V)The Adventures of Young Indiana Jones: Scandal of 1920」(2008)
「(未公開/V)The Adventures of Young Indiana Jones: Winds of Change」(2008)
「(V)ティンカー・ベル(Tinker Bell)」(2008)
「ティンカー・ベルと月の石(Tinker Bell and the Lost Treasure)」(2009)
「(未公開/TV)American Dad! - Brains, Brains & Automobiles」(2009)
「(V)ティンカー・ベルと妖精の家(Tinker Bell and the Great Fairy Rescue)」(2010)

等がある。
(2011年11月)

↑Top



Film Music Composersへ戻る


Copyright (C) 1999 - 2011  Hitoshi Sakagami.  All Rights Reserved.