ビリー・ゴールデンバーグ
 
Billy Goldenberg

Date of Birth: 1936/2/10
Place of Birth: Brooklyn, New York, USA
Mini Biography:
The son of Morris Goldenberg, William Leon (Billy) Goldenberg was educated at Columbia College (BA), where he composed and arranged the Columbia Varsity Shows, and also Camp Tamiment. He took private music studies with Hall Overton. He wrote incidental music for the Broadway revue "An Evening With Mike Nichols & Elaine May", and arranged dance music for "Greenwillow", "110 in the Shade", and "High Spirits". His chief musical collaborator was songwriter (and author) Larry Alexander. He joined ASCAP in 1961, and his popular songs include "Shouldn't There Be Lightning?" and "Take You For Granted". His classical compositions include "Brass Quintet", "Woodwind Quintet" and "String Quartet".

 


(TV)新80日間世界一周   AROUND THE WORLD IN 80 DAYS

作曲・指揮:ビリー・ゴールデンバーグ
Composed and Conducted by BILLY GOLDENBERG

(米Cinedisc / CDC 1009) 1989

マイケル・アンダーソン監督による1956年の作品を1989年にTVミニシリーズとしてリメイクした作品(日本では劇場未公開でビデオでのみ発売)。監督は「消えた拳銃」(1966)「戦うパンチョ・ビラ」(1968)「暴動」(1969)「シェイマス」(1972)「愛のメダリスト」(1976)「ハンター」(1980)等のバズ・キューリック。出演はピアース・ブロスナン、エリック・アイドル、ジュリア・ニクソン、ジル・セント・ジョン、ピーター・ユスティノフ、リー・レミック、ロバート・ワグナー、ジャック・クラグマン、ロディ・マクドウォール、ロバート・モーレイ、クリストファー・リー、パトリック・マクニー、ジョン・ミルズ、サイモン・ウォード、ダーレン・マクギャヴィン、ガブリエル・フェルゼッティ、リック・ジェイソン、スティーヴン・ニコルズ、アリエル・ドンバール、ヘンリー・ギブソン、ジョン・ヒラーマン、パーネル・ロバーツ、ジェームズ・シッキング他。ジュール・ヴェルヌの原作を基に「旅路」(1958)「ビッグトレイル」(1965)「ソルジャー・ブルー」(1970)等のジョン・ゲイが脚本を執筆。撮影はニコラス・D・ノウランド。1872年、ロンドンの社交クラブで、“80日あれば世界一周できる”という賭けにのった1人のイギリス紳士の冒険旅行を描く。

音楽はTVシリーズやTV映画の仕事が多いビリー・ゴールデンバーグが担当。冒頭の「Around the World in 80 Days / Main Title」は、華やかなオーケストラによるイントロから古き良き時代を感じさせる大らかで明快な主題が展開。曲が一旦終わって全く同じパターンが繰り返されるのがちょっと不自然で、後から編集してリピートさせていることが明らか。ミステリアスなタッチからアクション音楽へ、そしてアジア風の主題へと続く「Elephant Rising / Valente Vendanta」や、少しおどけたワルツの「Windsor Castle」、ダイナミックなアクションスコアから英国調の優雅な主題へと続く「Thermometer Reading」等、非常にカラフルな音楽が展開していく。「Balloon Over Florence / Crash Italiano」「Hong Kong Canopy」等、国別のタッチを表現した音楽はやや平凡。「Richard Bronskill 1872 / Fogg & the Indians」等でのアクション音楽の部分は結構激しい。「Propeller」は壮大なフィナーレで締めくくる。いかにもTV映画的な明るさをもったオーケストラル・スコアで、なかなか楽しい。もちろん旧作での有名なヴィクター・ヤング作曲の主題は全く登場しない。

ビリー・ゴールデンバーグスティーヴン・スピルバーグの初期の監督作品である「(TV)四次元への招待」(1969/ロッド・サーリング製作のTVシリーズでスピルバーグはジョーン・クロフォード主演のエピソードを監督した)「激突!」(1972)等の音楽を手がけている他、ウィリアム・リンクリチャード・レヴィンソンのコンビによる「刑事コロンボ」(1971〜1973)シリーズの「構想の死角」(=これも監督はスピルバーグ)「死者の身代金」「二枚のドガの絵」「もう一つの鍵」「溶ける糸」「第三の終章」「権力の墓穴」といったエピソードや、同コンビが脚本を担当した「(TV)アーカンソー物語」(1980)「(TV)殺しのリハーサル」(1982)「(TV)メカノイド2VR」(1983)「(未公開)Guilty Conscience」(1985)等の音楽を手がけている。

ゴールデンバーグのサントラアルバムはほとんどリリースされていないが、正規盤としては日本でセブンシーズ・レーベルからサントラLPが出ていた「ドミノ・ターゲット」等がある他、以下の作品を集めたプロモーション用LPが出ていた。もともとミステリやサスペンス映画での緊張感のあるスコアを得意とする人なので、この「ドミノ・ターゲット」「刑事コロンボ/死者の身代金」の音楽に彼の特徴がよく出ていると思う。

「THE FILM AND TELEVISION MUSIC OF BILLY GOLDENBERG」
  THE HARNESS  ハーネス・緑の大地
  UP THE SANDBOX  砂の城・人妻マーガレットの場合
  COLUMBO: RANSOM FOR A DEAD MAN  刑事コロンボ/死者の身代金
  CHANGE OF HABIT

(2002年4月)

Top


破壊! BUSTING

作曲・指揮:ビリー・ゴールデンバーグ
Composed and Conducted by BILLY GOLDENBERG

(米Kritzerland / KR 20015-7)

 ★TOWER.JPで購入 

1973年製作のアメリカ映画(日本初公開は1974年5月)。監督・脚本は「カプリコン・1」(1977)「アウトランド」(1981)「2010年」(1984)「プレシディオの男たち」(1988)「エンド・オブ・デイズ」(1999)「ヤング・ブラッド」(2001)「サウンド・オブ・サンダー」(2004)等のピーター・ハイアムズで、これが劇場映画監督デビュー作。出演はエリオット・グールド、ロバート・ブレイク、アレン・ガーフィールド、アントニオ・ファーガス、マイケル・ラーナー、シド・ヘイグ、コーネリア・シャープ、イヴォー・フランシス、ウィリアム・シルヴェスター、ローガン・ラムゼイ、リチャード・X・スラッタリー、マーゴ・ウィンクラー、ジョン・ローレンス、フランク・ファーマー、エリン・オライリー他。撮影はアール・ラス。製作はアーウィン・ウィンクラーとロバート・チャートフ。ロス・アンジェルス市警・風俗取締係のさえない刑事マイケル・キニーリー(グールド)とパトリック・ファレル(ブレイク)が、警察の上層部と結託した麻薬組織のボス、カール・リッツォ(ガーフィールド)に立ち向かう姿を描いたポリス・アクション。

音楽は、スティーヴン・スピルバーグ監督の「(TV)激突!」「(TV)刑事コロンボ」「(TV)刑事コジャック」等、1960〜1970年代に多数のテレビドラマやテレビ映画のスコアを手がけているビリー・ゴールデンバーグ(1936〜)が作曲。「Main Title」は、アブストラクトなイントロから明るくライトなタッチのジャズへ展開するメインタイトル。「Busting the Club」は、ダイナミックでアップビートなファンク・ジャズ。「Home Alone」「The Search」「Tailing Rizzo」「Shazam」「Rizzo's House / Rizzo's Heart Attack」「The Hospital」等は、抑制されたサスペンス音楽。「The Chase」「Nailing Rizzo」は、ダイナミックでアップビートなアクション音楽。「The Market」「The Building」は、アブストラクトなタッチの曲。「The Electra」「Outside the Electra」は、ファンキーなジャズ。「Off Beat」「The Restaurant」等は、ライトなタッチ。「End Title」は、抑制されたタッチのエンドタイトル。最後にソース曲2曲をボーナストラックとして収録。ビリー・ゴールデンバーグのフィルムスコアは殆どアルバム化されていないので、これは貴重なリリース。1000枚限定プレス。

ビリー・ゴールデンバーグが手がけた作品には
「(未公開/TV)The Ann-Margret Show」(1968)
「(TV)スパイのライセンス(It Takes a Thief - The Thingamabob Heist, - The Great Casino Caper, - The Blue, Blue Danube)」(1968〜1969)
「(TV)鬼警部アイアンサイド(Ironside - Reprise, - Up, Down and Even, - Dear Fran...)」(1968〜1971)
「(TV)鏡と悪魔(Fear No Evil)」(1969)
「クリスチーヌの性愛記(The Grasshopper)」(1969)
「(TV)四次元への招待(Night Gallery)」(1969)
「(未公開)Change of Habit」(1969)
「(TV)淋しい夜(Silent Night, Lonely Night)」(1969)
「(TV)悪の祭典(Ritual of Evil)」(1970)
「(未公開/TV)A Clear and Present Danger」(1970)
「(未公開/TV)Matt Lincoln」(1970)
「(TV)ネーム・オブ・ザ・ゲーム(The Name of the Game - LA 2017)」(1971)
「(未公開/TV)The Neon Ceiling」(1971)
「(未公開/TV)Alias Smith and Jones」(1971)
「朝やけの空(Red Sky at Morning)」(1971)
「(未公開/TV)The City」(1971)
「(未公開/TV)Longstreet」(1971)
「(未公開/TV)Suddenly Single」(1971)
「(TV)激突!(Duel)」(1971)
「(TV)ハーネス・緑の大地(The Harness)」(1971)
「(TV)刑事コロンボ/死者の身代金(Columbo - Ransom for a Dead Man)」(1971)
「(TV)刑事コロンボ/構想の死角(Columbo - Murder by the Book)」(1971)
「(TV)刑事コロンボ/ホリスター将軍のコレクション(Columbo - Dead Weight)」(1971)
「(TV)刑事コロンボ/二枚のドガの絵(Columbo - Suitable for Framing)」(1971)
「(TV)刑事コロンボ/もう一つの鍵(Columbo - Lady in Waiting)」(1971)
「(TV)警部マクロード(McCloud - The Disposal Man)」(1971)
「(未公開/TV)Fabulous Mr. Fable」(1972)
「(未公開/TV)The Glass House」(1972)
「ボギー!俺も男だ(Play It Again, Sam)」(1972)
「(未公開/TV)The Sixth Sense - Coffin, Coffin in the Sky, - Dear Joan: We're Going to Scare You to Death」(1972)
「(未公開/TV)Cool Million」(1972)
「(未公開/TV)The Crooked Hearts」(1972)
「(未公開/TV)All My Darling Daughters」(1972)
「(未公開)砂の城・人妻マーガレットの場合(Up the Sandbox)」(1972)
「(TV)世にも不思議な出来事(Circle of Fear, aka Ghost Story)」(1972〜1973)
「(TV)テキサスハイウェイ殺人事件(Banacek - Detour to Nowhere)」(1972)
「(TV)バナチェック登場/消えたスーパーカー(Banacek - Project Phoenix)」(1972)
「(未公開/TV)Banacek - No Stone Unturned」(1973)
「(未公開)Journey to the Outer Limits」(1973)
「(未公開/TV)Carola」(1973)
「(未公開/TV)A Brand New Life」(1973)
「(未公開/TV)The Young and the Restless」(1973)
「(未公開/TV)The Bold Ones: The New Doctors - And Other Springs I May Not See」(1973)
「シーラ号の謎(The Last of Sheila)」(1973)
「(未公開/TV)Terror on the Beach」(1973)
「(TV)地下室の魔物(Don't Be Afraid of the Dark)」(1973)
「(未公開/TV)Double Indemnity」(1973)
「(TV)刑事コジャック(Kojak - The Marcus-Nelson Murders, - Siege of Terror, - Web of Death)」(1973)
「(TV)刑事コロンボ/溶ける糸(Columbo - A Stitch in Crime)」(1973)
「(TV)追跡者(Harry O - Such Dust as Dreams Are Made On, - Gertrude)」(1973〜1974)
「(未公開/TV)Firehouse - Trapped」(1974)
「(未公開/TV)Don't Call the Police」(1974)
「(未公開/TV)The Migrants」(1974)
「(未公開)I Love You... Good-bye」(1974)
「破壊!(Busting)」(1974)
「(未公開/TV)Dr. Max」(1974)
「(未公開/TV)Thursday's Game」(1974)
「(TV)刑事コロンボ/第三の終章(Columbo - Publish or Perish)」(1974)
「(TV)刑事コロンボ/権力の墓穴(Columbo - A Friend in Deed)」(1974)
「(未公開/TV)Benjamin Franklin」(1974)
「(未公開/TV)Reflections of Murder」(1974)
「(未公開/TV)Rhoda」(1974〜1976)
「(未公開)The Incredible Machine」(1975)
「(TV)女死刑囚の秘密(The Legend of Lizzie Borden)」(1975)
「(TV)スターダストの女王(Queen of the Stardust Ballroom)」(1975)
「(未公開/TV)Search for the Gods」(1975)
「(未公開/TV)Knuckle」(1975)
「(TV)UFOとの遭遇(The UFO Incident)」(1975)
「(未公開/TV)Widow」(1976)
「(未公開/TV)National Geographic Specials - The Animal Nobody Loved」(1976)
「(TV)めまい-ある愛の記憶(Dark Victory)」(1976)
「(未公開/TV)The Dumplings」(1976)
「(未公開/TV)James Dean」(1976)
「(TV)リンドバーグ2世誘拐事件(The Lindbergh Kidnapping Case)」(1976)
「(未公開/TV)Delvecchio」(1976)
「(TV)太陽を盗め(High Risk)」(1976)
「(未公開/TV)Return to Earth」(1976)
「(TV)ジェミニマン・放射能透明人間(Gemini Man)」(1976)
「(未公開/TV)Future Cop」(1976)
「(TV)ヘルター・スケルター(Helter Skelter)」(1976)
「(TV)他人の向う側/私の家に見知らぬもう一人の妻がいる(One of My Wives Is Missing)」(1976)
「(未公開/TV)An Evening with Diana Ross」(1977)
「(未公開/TV)Westside Medical」(1977)
「ドミノ・ターゲット(The Domino Principle)」(1977)
「(未公開/TV)Mary Jane Harper Cried Last Night」(1977)
「(未公開/TV)King」(1978)
「(未公開/TV)Actor」(1978)
「(未公開)Metamorphoses」(1978)
「(未公開/TV)20/20」(1978)
「(未公開/TV)A Question of Love」(1978)
「(未公開/TV)The Cracker Factory」(1979)
「(未公開/TV)Dorothy」(1979)
「(未公開/TV)The Lazarus Syndrome」(1979)
「(TV)奇跡の人(The Miracle Worker)」(1979)
「(未公開/TV)Flesh & Blood」(1979)
「(未公開/TV)The Family Man」(1979)
「(未公開)Scavenger Hunt」(1979)
「(未公開/TV)Skag」(1980)
「(未公開/TV)All God's Children」(1980)
「(未公開/TV)The Love Tapes」(1980)
「(未公開/TV)Haywire」(1980)
「(未公開/TV)The Women's Room」(1980)
「(未公開/TV)Act of Love」(1980)
「(未公開/TV)A Perfect Match」(1980)
「(未公開/TV)Father Figure」(1980)
「(未公開/TV)The Diary of Anne Frank」(1980)
「(TV)アーカンソー物語(Crisis at Central High)」(1981)
「(未公開/TV)The Gangster Chronicles」(1981)
「(TV)ダイヤルMを廻せ!(Dial M for Murder)」(1981)
「(未公開/TV)The Best Little Girl in the World」(1981)
「(未公開/TV)Sidney Shorr: A Girl's Best Friend」(1981)
「(TV)愛と欲望の彼方に(Callie & Son)」(1981)
「(TV)ジャクリーン・ケネディ物語(Jacqueline Bouvier Kennedy)」(1981)
「(未公開/TV)Love, Sidney」(1981)
「(未公開/TV)The Ordeal of Bill Carney」(1981)
「(未公開/TV)Washington Mistress」(1982)
「(未公開/TV)Marian Rose White」(1982)
「(未公開/TV)The Gift of Life」(1982)
「(TV)ダーティ・トラップ(A Question of Honor)」(1982)
「(未公開/TV)Hollywood: The Gift of Laughter」(1982)
「(TV)殺しのリハーサル(Rehearsal for Murder)」(1982)
「(未公開/TV)Massarati and the Brain」(1982)
「(未公開/TV)Bare Essence」(1982)
「(未公開/TV)Another Woman's Child」(1983)
「(未公開/TV)Confessions of a Married Man」(1983)
「(TV)天使の自立(Rage of Angels)」(1983)
「(未公開/TV)Will There Really Be a Morning?」(1983)
「(未公開/TV)Intimate Agony」(1983)
「(未公開/TV)Bare Essence」(1983)
「(TV)ダイナマイト・ヒーロー/恐怖の鉄拳(Dempsey)」(1983)
「(未公開/TV)Happy」(1983)
「(未公開/TV)Memorial Day」(1983)
「(TV)メカノイド2VR(Prototype)」(1983)
「(未公開/TV)The Awakening of Candra」(1983)
「(未公開/TV)Reuben, Reuben」(1983)
「(未公開/TV)Why Me?」(1984)
「(未公開/TV)Sentimental Journey」(1984)
「(未公開/TV)Scorned and Swindled」(1984)
「(未公開/TV)His Mistress」(1984)
「(未公開/TV)For Love or Money」(1984)
「(未公開/TV)The Sun Also Rises」(1984)
「(未公開/TV)Guilty Conscience」(1985)
「(未公開/TV)The Atlanta Child Murders」(1985)
「(未公開/TV)Obsessed with a Married Woman」(1985)
「(未公開/TV)Out of the Darkness」(1985)
「(未公開/TV)Love on the Run」(1985)
「(TV)ケインとアベル/権力と復讐にかけた男の情熱(Kane & Abel)」(1985)
「(TV)愛は沈黙を越えて(Hallmark Hall of Fame - Love Is Never Silent)」(1985)
「(TV)世にも不思議なアメージング・ストーリー(Amazing Stories - The Amazing Falsworth, - Secret Cinema, - What If...?)」(1985〜1986)
「(未公開/TV)Good to Go」(1986)
「(未公開/TV)The Right of the People」(1986)
「(TV)灰色の疑惑(Dress Gray)」(1986)
「(未公開/TV)Our House」(1986)
「(TV)アクトレス/ある女優の栄光と挫折(There Must Be a Pony)」(1986)
「(TV)FBI/シークレット・プロジェクト(Johnnie Mae Gibson: FBI)」(1986)
「(TV)運命の扉(Rage of Angels: The Story Continues)」(1986)
「(TV) ペーパーバック殺人事件(Murder by the Book)」(1987)
「(未公開/TV)Nutcracker: Money, Madness & Murder」(1987)
「(未公開/TV)Poker Alice」(1987)
「(未公開/TV)Sadie and Son」(1987)
「(未公開/TV)Family Man」(1988)
「(未公開)エイティーン・アゲイン/これで2度目の18歳(18 Again!)」(1988)
「(TV)リトル・ガール・ロスト/娘よ(Little Girl Lost)」(1988)
「(TV)海運王オナシス/世界で最も富を得た男(Onassis: The Richest Man in the World)」(1988)
「(TV)新80日間世界一周(Around the World in 80 Days)」(1989)
「(未公開/TV)City」(1990)
「(未公開/TV)People Like Us」(1990)
「(未公開/TV)Lucky Chances」(1990)
「(未公開/TV)Crazy About the Movies: Dennis Hopper」(1991)
「(未公開/TV)Line of Fire: The Morris Dees Story」(1991)
「(未公開/TV)Perfect Harmony」(1991)
「(未公開/TV)Chernobyl: The Final Warning」(1991)
「(未公開/TV)Maury」(1991)
「(未公開/TV)One Special Victory」(1991)
「(未公開/TV)Miles from Nowhere」(1992)
「(未公開/TV)What She Doesn't Know」(1992)
「(未公開/TV)Miss Rose White」(1992)
「(未公開/TV)Miss America: Behind the Crown」(1992)
「(TV)たった一度のクリスマス/ある逃亡者との物語(The Man Upstairs)」(1992)
「(未公開/TV)Silent Cries」(1993)
「(TV)デルタ17°/戦火の目撃者(Message from Nam)」(1993)
「(未公開/TV)Mike & Maty」(1994)
「(未公開/TV)A Burning Passion: The Margaret Mitchell Story」(1994)
「(未公開/TV)Someone Else's Child」(1994)
「(未公開/TV)The American Film Institute Salute to Steven Spielberg」(1995)
「(未公開/TV)An Element of Truth」(1995)
「(未公開/TV)No Greater Love」(1996)
「(未公開/TV)Christmas Every Day」(1996)
「(未公開/TV)Leave No Stone Unturned」(1997)
「(未公開/TV)Convictions」(1997)
「(未公開/TV)CBS: The First 50 Years」(1998)
「(TV)奇跡の翌日/その後のヘレン・ケラーとアニー・サリバン(Monday After the Miracle)」(1998)
「(未公開/TV)ABC's 50th Anniversary Celebration」(2003)
「(未公開/V)'Duel': A Conversation with Director Steven Spielberg」(2004)
「(未公開/V)Richard Matheson: The Writing of 'Duel'」(2004)
「(未公開)Surprise Surprise, Mr. Conovy」(2011)
等がある。
ビリー・ゴールデンバーグは1975年の「(未公開/TV)Benjamin Franklin」と1978年の「(未公開/TV)King」でエミー賞の音楽賞(TVシリーズ)を受賞しているほか、数多くの作品で同賞にノミネートされている。
(2010年7月)
(2015年5月)

Top


Film Music Composersへ戻る


Copyright (C) 2002 - 2015  Hitoshi Sakagami.  All Rights Reserved.