ミシェル・コロンビエ
 Michel Colombier

Date of Birth: 1939/5/23
Place of Birth: Lyon, France
Date of Death: 2004/11/14
Mini Biography:
Colombier began his formal musical education at the age of 6. His father taught him piano, harmony, counterpoint and conducting. By 11 he started to improvise and at 14 he discovered jazz and performed with small combos and big bands for which he wrote daring jazz arrangements. In the meantime, his father continued his education by adding the study of church organ and Gregorian chant. At the age of 22, he spent one year with French avant-garde composer Michel Magne and was hired as Musical Director of Barclay Records. His first assignment was to arrange Charles Aznavour's first album in English, produced by Quincy Jones, for release in the United States. He entered the world of dance (in collaboration with Pierre Henry) for Maurice Bejart's "Messe pour le temps present." His love of modern dance led him to write for Mikhail Baryshnikov, Twyla Tharp, Roland Petit, Jean Babilee, Daniel Ezralow, American Ballet Theater, les Ballets de L'Opera de Paris. He composed the music for "Le bourgeois gentilhomme" at the illustrious "Comedie francaise." In 1968 Petula Clark chose him as her Musical Director and introduced him to Herb Alpert of "A&M Records" who signed him as an artist, composer, performer. The collaboration with Herb gave birth to "Wings", an entirely new concept album hailed as "the first pop symphony" and "the first rock oratorio. His score for "Purple Rain" won the "People's Choice Award", the song "Elisa", which he had written with Serge Gainsbourg, became the inspiration for the film with the same name and went on to win the "Cesar" for Best Score. He is also the recipient of the "Tokyo Music Award" and was awarded the "Prix de la Musique Symphonique Legere" in France.

Official website of Michel Colombier: http://www.michelcolombier.com/

*** ミシェル・コロンビエのCDを購入する ***
↑Amazon.co.jp で“Michel Colombier”を検索した結果が表示されます。
ただし、映画音楽ではないCD等が含まれている場合があります。


ミシェル・コロンビエ=フィリップ・ラブロ監督作品集
BANDES ORIGINALES DES FILMS DE PHILIPPE LABRO: MUSIQUES DE MICHEL COLOMBIER

作曲・指揮:ミシェル・コロンビエ
Composed and Conducted by MICHEL COLOMBIER

(仏Universal / 038 435-2)  2003

cover
このCD(輸入盤)を購入する

<収録曲>

1. 相続人 L'HERITIER (1973)
  ・L'Heritier
  ・Reve
  ・L'ushine
  ・Hotel Lutetia / Kidnapping
  ・L'Heritier (partie 2)
2. 潮騒 LE HASARD ET LE VIOLENCE (1974)
  ・Le hasard et la violence, par Drupi
  ・Constance et Laurent
  ・La baie
  ・Violence et solitude
  ・La mort
3. 危険を買う男 L'ALPAGUEUR (1976)
  ・L'alpagueur
  ・Suspense un 
  ・Alpagueur rapide
  ・Suspense deux
  ・Bossa Botola
  ・L'Epervier inquitet
  ・Valse de l'Epervier
  ・Suspense trois
  ・Poursuite rythmee
  ・Suspense quatre
  ・Souvenirs de l'Epervier
  ・L'Alpagueur contre l'Epervier
  ・L'Alpagueur final

 

フランスの作曲家ミシェル・コロンビエと、「刑事キャレラ/10+1の追撃」(1972)等犯罪アクションを得意とするフィリップ・ラブロ監督(1936〜)とのコラボレーション作品のコンピレーション。ラブロはジャン=ピエール・メルヴィル監督の弟子であり、メルヴィルの遺作「リスボン特急」の音楽を担当したミシェル・コロンビエと知り合ったことから、彼に「相続人」のスコアを依頼したという。

1. 相続人 L'HERITIER

1973年製作のフランス=イタリア合作映画(英語題名は「THE INHERITOR」)。出演はジャン=ポール・ベルモンド、モーリーン・カーウィン、カルラ・グラヴィーナ、ジャン・ロッシュフォール、シャルル・デネール、ジャン・ドザイー、ジャン・マルタン、モーリス・ガレル、ピエール・グラッセ他。フィリップ・ラブロの原案を基にラブロとジャック・ランズマンが脚本を執筆。撮影はジャン・パンゼ。ベルモンドが、父親の築いたメディア帝国を相続したビジネスマンを演じるサスペンス・アクション。コロンビエの音楽は都会的で華麗なタッチが実にかっこいい。「L'Heritier」は、ピアノとシンセサイザーによるイントロから、いかにもフランス製犯罪アクション映画らしいロック調のメインテーマへと展開。続く「Reve」「L'ushine」「Hotel Lutetia / Kidnapping」「L'Heritier (partie 2)」も基本的にはメインの主題のバリエーション。

2. 潮騒 LE HASARD ET LE VIOLENCE

1974年製作のフランス=イタリア合作映画(英語題名は「CHANCE AND VIOLENCE」)。出演はイヴ・モンタン、キャサリン・ロス、カトリーヌ・アレグレ、リカルド・クッチョーラ、ジャン=クロード・ドーファン、ルネ・モラール、アントニオ・カサグランド他。フィリップ・ラブロの原作を基にラブロとジャック・ランズマン、ヴィンチェンツォ・ラベーラが脚本を執筆。撮影はアンドレ・ドマージュ。フランスの港町にやって来た学者が美しい女医に出会い恋に落ちるが、町に渦巻く暴力の嵐が次第に2人に迫る・・。ラブロ監督はジャン=ピエール・メルヴィルの死の衝撃から着想を得て、この脚本を書いたという。コロンビエの音楽は、イタリアの歌手ドルピのドラマティックなヴォーカルによる主題歌「Le hasard et la violence, par Drupi」が情感たっぷりで良い。「Constance et Laurent」はサスペンス調のダークなタッチからリリカルなメインの主題に展開。「La baie」はセンチメンタルなタッチ。「Violence et solitude」は暴力的なイントロからメインの主題へ。「La mort」はメインの主題のオーケストラによるドラマティックな演奏。このスコアはエンニオ・モリコーネのミュージシャンによってローマで演奏された。

3. 危険を買う男 L'ALPAGUEUR

1976年製作のフランス映画(英語題名は「HUNTER WILL GET YOU」)。出演はジャン=ポール・ベルモンド、ブリューノ・クレメール、ジャン・ネグロニ、パトリック・フィエリー、ジャン=ピエール・ジョリス、ヴィクトール・ガリヴィエ、クロード・ブロッセ、マルセル・イモッフ他。脚本はフィリップ・ラブロとジャック・ランズマン。撮影はジャン・パンゼ。ラブロ監督がサム・ペキンパー監督の「ゲッタウェイ」の影響を受けて撮ったアクション映画。高額な報酬と引き換えに危険な仕事を引き受けるプロフェッショナル(ベルモンド)と、“タカ”と呼ばれる兇悪犯(クレメール)との対決を描く。コロンビエの音楽は、冒頭のメインテーマ「L'alpagueur」がハードボイルドなタッチで抜群にかっこいい。「Alpagueur rapide」はメインの主題の、よりアップテンポなバリエーション。「L'Epervier inquitet」はサスペンスフルな“タカ”の主題。「Valse de l'Epervier」「Souvenirs de l'Epervier」はトラジックで印象的なワルツ。「Suspense trois」はハイテンションなサスペンス音楽。「Poursuite rythmee」は追跡シーンのアクション音楽。「L'Alpagueur contre l'Epervier」はクライマックスのサスペンス音楽。「L'Alpagueur final」はメインの主題のリプライズによるフィナーレ。

ミシェル・コロンビエが手がけた作品には
「(未公開)Agent secret FX 18」(1964)
「(未公開)Un drole de caid, aka A Mouse with the Men」(1964)
「(未公開)Flashes Festival」(1965)
「(未公開)La famille Hernandez」(1965)
「(未公開)L'arme a gauche, aka The Dictator's Guns」(1965)
「(未公開)L'or du duc」(1965)
「恋人たちの世界(Un monde nouveau)」(1966)
「(未公開)Le jardinier d'Argenteuil, aka The Gardener of Argenteuil」(1966)
「(未公開)Si j'etais un espion, aka If I Were a Spy」(1967)
「(TV)アンナ(Anna)」(1967)
「(未公開)Etre libre, aka To Be Free」(1968)
「(未公開)La voix」(1968)
「(未公開/TV)Puce」(1968)
「(未公開)Kol Mamzer Melech, aka Every Bastard a King」(1968)
「(未公開)Mr. Freedom」(1969)
「(未公開)ザ・スカーレット・レディー(La femme ecarlate, aka The Scarlet Lady)」(1969)
「(未公開/TV)The Survivors」(1969)
「(未公開)La plus noble conquete de la femme」(1970)
「地球爆破作戦(Colossus: The Forbin Project)」(1970)
「(未公開/TV)The Other Man」(1970)
「(未公開)Les assassins de l'ordre, aka Law Breakers」(1971)
「(未公開/TV)La tete a l'envers」(1972)
「リスボン特急(Un flic, aka Dirty Money)」(1972)
「(未公開)Tarot, aka Autopsy」(1973)
「相続人(L'heritier, aka The Inheritor)」(1973)
「(未公開/TV)Le lever de rideau」(1973)
「続フレンズ/ポールとミシェル(Paul and Michelle)」(1974)
「潮騒(Le hasard et la violence, aka Chance and Violence)」(1974)
「(未公開)Les onze mille verges, aka The 11,000 Sexes」(1975)
「危険を買う男(L'alpagueur, aka Hunter Will Get You)」(1976)
「(未公開)Face of Darkness」(1976)
「(TV)ライネマン・スパイ作戦(The Rhinemann Exchange)」(1977)
「モデルカップル(Le couple temoin, aka The Model Couple)」(1977)
「(未公開/TV)What Really Happened to the Class of '65? - Class Athlete」(1978)
「超高層プロフェッショナル(Steel)」(1979)
「(未公開/TV)11th Victim, aka The Lakeside Killer」(1979)
「(未公開)都会のひと部屋(Une chambre en ville)」(1982)
「カリブの熱い夜(Against All Odds)」(1984)
「プリンス/パープル・レイン(Purple Rain)」(1984)
「ホワイトナイツ/白夜(White Nights)」(1985)
「(TV)新・ヒッチコック劇場(Alfred Hitchcock Presents)」(1985-1986)
「マネー・ピット(The Money Pit)」(1986)
「殺したい女(Ruthless People)」(1986)
「ゴールデン・チャイルド(The Golden Child)」(1986)
「(未公開/TV)Shell Game」(1987)
「(未公開/TV)Disneyland - Double Switch」(1987)
「(未公開/TV)デスペラード/ながれ者(Desperado)」(1987)
「(未公開/TV)Florida Straits」(1987)
「(未公開)恋はお手あげ(Surrender)」(1987)
「(未公開)ポリス・スクワッド(The Wild Pair, aka Hollow Point)」(1987)
「(未公開)カウチ・トリップ(The Couch Trip)」(1988)
「ザ・コップ(Cop)」(1988)
「(未公開)サティスファクション(Satisfaction)」(1988)
「(未公開/TV)The Return of Desperado」(1988)
「ゲッタウェイ/狼たちの逃走(In extremis)」(1988)
「(未公開/TV)Desperado: Avalanche at Devil's Ridge」(1988)
「さよなら魔法使い(The Wizard of Loneliness)」(1988)
「(未公開)ジョン・キャンディの迷探偵ハリーにまかせろ?!(Who's Harry Crumb?)」(1989)
「アウト・コールド(Out Cold)」(1989)
「(未公開)愛の宅配ピザ・ボーイ(Loverboy)」(1989)
「(未公開)Asterix et le coup du menhir, aka Asterix and the Big Fight」(1989)
「(未公開/TV)Desperado: The Outlaw Wars」(1989)
「(未公開/TV)Desperado: Badlands Justice」(1989)
「ブラッディ・ナイトクラブ(Midnight Cabaret)」(1990)
「BACK TRACK/バックトラック(Catchfire, aka Backtrack)」(1990)
「(未公開)インパルス(Impulse)」(1990)
「(TV)悪女の構図(Buried Alive)」(1990)
「(TV)フィアー・ナイト(Tales from the Crypt - Lower Berth)」(1990)
「(未公開/TV)Sudie and Simpson」(1990)
「(TV)目撃(The Fatal Image)」(1990)
「ニュー・ジャック・シティ(New Jack City)」(1991)
「(TV)スキャンダル・ショット!(Fatal Exposure)」(1991)
「(TV)ドラゴンファイヤー(Tagget)」(1991)
「(TV)フィーバー/非情の標的(Fever)」(1991)
「錆びついた銃弾(Diary of a Hitman)」(1991)
「(未公開)Strictly Business」(1991)
「(未公開)ダーク・ウィンド(The Dark Wind)」(1991)
「(TV)ヘル・キャッツ(Strays)」(1991)
「ディープ・カバー(Deep Cover)」(1992)
「(未公開)Oh!大迷惑?!(Folks!)」(1992)
「(TV)裏切りの絆(Dirty Work)」(1992)
「(TV)殺意の映像(Fade to Black)」(1993)
「(未公開/TV)デイブレイク(Daybreak)」(1993)
「黒豹のバラード(Posse)」(1993)
「クォーターバック(The Program)」(1993)
「(未公開/TV)Out of Darkness」(1994)
「メジャーリーグ2(Major League II)」(1994)
「(TV)スピード・インシデント/身代金略奪逃亡(Incident at Deception Ridge)」(1994)
「エリザ(Elisa)」(1995)
「(未公開)L'univers de Jacques Demy」(1995)
「バーブ・ワイヤー/ブロンド美女戦記(Barb Wire)」(1996)
「(未公開)Foxfire」(1996)
「(TV)メアリーとティム(Mary & Tim)」(1996)
「(未公開)Meet Wally Sparks」(1997)
「(未公開/TV)Murder in My Mind」(1997)
「(TV)生埋(Buried Alive II)」(1997)
「(TV)ライト・コネクション(The Right Connections)」(1997)
「(未公開/TV)Color of Justice」(1997)
「(未公開/TV)Scattering Dad」(1998)
「(TV)LONG WAY HOME ロング・ウェイ・ホーム(The Long Way Home)」(1998)
「(未公開)Claudine's Return」(1998)
「(未公開)Woo」(1998)
「(未公開)ステラが恋に落ちて(How Stella Got Her Groove Back)」(1998)
「(未公開)Pros & Cons」(1999)
「(TV)フリーク・シティ(Freak City)」(1999)
「(TV)サブリナ 麗しの魔女inグレートバリアリーフの休日(Sabrina, Down Under)」(1999)
「(未公開)Dark Summer, aka Innocents」(2000)
「(未公開)Next Stop, Eternity」(2000)
「(未公開)スクリュード/ドジドジ大作戦(Screwed)」(2000)
「(未公開)Running on the Sun: The Badwater 135」(2000)
「(未公開/TV)Largo Winch: The Heir」(2001)
「(TV)レッド・ロック(Warden of Red Rock)」(2001)
「(未公開/TV)Messiah - The First Killings, - The Reckoning」(2001)
「(未公開/TV)Largo Winch - Sins of the Father, - Arctic Project」(2001)
「(未公開/TV)Messiah 2: Vengeance Is Mine」(2002)
「スウェプト・アウェイ(Swept Away)」(2002)
「(未公開/TV)Deacons for Defense」(2003)
「(未公開)Mandala. The Journey of a Dancer: Daniel Ezralow」(2003)
等がある。
ミシェル・コロンビエは1985年の「ホワイトナイツ/白夜」でゴールデン・グローブの音楽賞にノミネートされ、1995年の「エリザ」でセザール賞の音楽賞を受賞している。
2004年11月14日にサンタ・モニカの自宅で癌のために死去。享年65歳。
(2004年11月)
(2013年2月)

Top


Film Music Composersへ戻る


Copyright (C) 2004 - 2013  Hitoshi Sakagami.  All Rights Reserved.