アンドレア・モリコーネ
 Andrea Morricone

Date of Birth: 1964
Place of Birth: Italy
Mini Biography:

 


(未公開)AL CUORE SI COMANDA

作曲:アンドレア & エンニオ・モリコーネ
Composed by ANDREA and ENNIO MORRICONE

指揮:エンニオ・モリコーネ
Conducted by ENNIO MORRICONE

演奏:ローマ管弦楽団
Performed by Orchestra di Roma

(伊GDM / GDM 2039) 2003

2003年製作のイタリア映画。監督はジョヴァンニ・モリコーネ。出演はクラウディア・ジェリーニ、ピエルフランチェスコ・ファヴィーノ、サブリナ・インパッチアトーレ、ピエール・コッソ、ジョヴァンニ・エスポジート、ヴァレンティナ・カルネルッティ他。脚本はロベルト・デ・ジオルジとロサ・メンドゥーニ。撮影はジウリオ・ピエトロマルキ。監督のジョヴァンニ・モリコーネは、音楽を担当しているエンニオ・モリコーネの息子で、ジュゼッペ・トルナトーレ監督/ジェラール・ドパルデュー、ロマン・ポランスキー主演の「記憶の扉(A Pure Formality)」(1994)で助監督を務めているが、この作品が長編監督デビューとなる。

音楽はエンニオ・モリコーネと、彼のもう一人の息子アンドレア・モリコーネが作曲しており、まるでモリコーネ一家のファミリー・ピクチャーのような映画だが、スコア全体が実にリラックスしたタッチで、モリコーネ節ラブ・コメディ音楽のベスト・パターン。「Amore in Salvo」は、キャッチーで親しみやすいメロディによる、実に爽やかで軽やかなタッチのメイン・テーマ。この主題は「Nella casa di campagna」等でも繰り返される。「Massaggi e spiaggia」は、ピアノとストリングスによるジェントルな第二主題。この主題も「Nuda allo specchio」「Guardando la luna」等で登場する。その他の「Tante amiche del cuore」「Ricerca dell'anima gemella」「Donne sole al ristorante」といった曲も、軽快でややコミカルなタッチ。「Al cuore si comanda」は、主演のピエルフランチェスコ・ファヴィーノのヴォーカルによる主題歌。歌は上手くないが、ジェントルなメロディが心地よい。「La moda」は「モリコーネさん、こんにちは」という英語の歌詞の歌で、なんだか可笑しい。

アンドレア・モリコーネは、父のエンニオ・モリコーネがスコアを担当した「ニュー・シネマ・パラダイス(Nuovo cinema Paradiso)」(1989)「愛のテーマ(Tema d'amore)」を作曲して以来、「(未公開/TV)Celeste, siempre Celeste」(1993)「(未公開)L'uomo proiettile」(1995)「(未公開/TV)Ultimo」(1998)「(未公開/TV)Il quarto re」(1998)「(未公開/TV)Ultimo 2 - La sfida」(1999)「リバティ・ハイツ(Liberty Heights)」(1999)「愛ここにありて(Here on Earth)」(2000)「(未公開)L'ombra del gigante」(2000)「(未公開)Due amici」(2002)「(未公開)Ciao America」(2002)「(未公開)Al cuore si comanda」(2003)「(未公開)Capturing the Friedmans」(2003)「(未公開/TV)Maria Goretti」(2003)「(未公開)Diritto di uccidere」(2004)等の作品を手がけている他、日本テレビで放映された中森明菜、永作博美主演の連続ドラマ「冷たい月」(1998)のスコアも担当している。ただ、この「(未公開)Al cuore si comanda」のスコアを聴くと、どこまでがアンドレアの担当なのかは不明だが、父エンニオの作風そのままで、彼自身の個性は全く感じさせない。
(2005年3月)

Ennio Morricone

Top


Film Music Composersへ戻る


Copyright (C) 2005  Hitoshi Sakagami.  All Rights Reserved.