ジャン・ミュジー
 Jean Musy

Date of Birth: 1947/12/18
Place of Birth: Levallois Perret, France
Mini Biography:
Jean Musy was born into a working-class family, his father being a type-setter. As a young adolescent, he was caught by jazz music and played the Hammond organ in different jazz bands at Parisian clubs. When he was 16, a journalist introduced him to Mickey Baker, an American guitarist who worked in France as a musician and studio arranger for artists such as Johnny Hallyday. Thanks to Baker's connections, Musy was introduced to Joe Dassin, an American singer who was rapidly conquering the French market with his chanson repertoire. Eventually, he stayed with Dassin for 4 years (1965 - 69), playing the piano and organ in his band. Although being completely autodidact, Musy soon became one of France's most sought-after studio arrangers. In the 1970s, he teamed up with an incredible amount of French artists of popular music as well as performers of more sophisticated repertoire. He wrote orchestrations for, among many others, Dalida, Catherine Lara, Philippe Clay, Serge Reggiani, Gilbert Becaud, Guy Mardel, Adamo, Mort Shuman, Henri Salvador, Jeanne Moreau, Mireille Mathieu, Georges Moustaki, Barbara, Francoise Hardy, Veronique Sanson, Dave, Noelle Cordier, Joseph Reynaerts, Michel Murty, Gerard Lenorman, Pierre Haralambon, and Marcel Mouloudji. In 1976, he met film composer Francis Lai and they developed a working relationship which lasted several years. Musy wrote the orchestrations to Lai's soundtracks such as "Bilitis"(1977), "Les ringards"(1978) and "Les uns et les autres"(1981). Thanks to Lai, he got into the world of film music and, from the late 1970s onwards, he composed the soundtracks to over 200 films, such as "La carapatte"(1978) and "Vanille fraise"(1989) for director Gerard Oury, "Clair de femme"(1979) for Costa-Gavras, "Papy fait de la resistance"(1983) for Jean Marie Poire, and "Noce blanche"(1989) and "L'ange noir"(1994) for Jean-Claude Brisseau. He also composed the music to many TV films, most notably some 40 productions with director Franck Apprederis, such as "Ah, c'etait ca la vie!"(2009) and "Le temps du silence"(2011). In his spare time, he wrote an opera, which he recorded with professional singers. He also composed music to poems of Stefan Zweig and Rainer Maria Rilke, while he created a musical about the Death Sea Scrolls and the Middle East conflict.




ココ・シャネル  CHANEL SOLITAIRE

作曲:ジャン・ミュジー
Composed by JEAN MUSY

指揮:ロジェ・ブートリー
Conducted by ROGER BOUTRY


演奏:フランス共和国親衛隊交響楽団
Performed by Orchestre Symphonique de la Garde republicaine  

(カナダDisques Cinemusique / DCM 161)


★TOWER.JPで購入

1981年製作のイギリス=フランス=アメリカ合作映画(日本公開は1983年10月)。監督は「ブルー・エクスタシー/官能の夜」(1978)「THEエージェンシー」(1980)「(TV)夢の中の私」(1994)「(TV)状況証拠」(1995)等のジョージ・カッツェンダー(1933〜)。出演はマリー=フランス・ピジエ、ティモシー・ダルトン、ルトガー・ハウアー、ブリジット・フォッセー、カレン・ブラック、レイラ・フレシェ、フィリップ・ニコー、アレクサンドラ・ステュワルト、カトリーヌ・アレグレ、エレーヌ・ヴァリエ、マリー=エレーヌ・ダスト、ジャン=マリー・プロスリエ、ランベール・ウィルソン、ユムベール・バルサン、レスリー・キャロン他。クロード・ドレーの原作『ココ・シャネル』を基にジュリアン・モアが脚本を執筆。撮影はリカルド・アロノヴィッチ。フランスの著名なファッションデザイナーで“シャネル”ブランドの創立者、ココ・シャネル(1883〜1971/本名:ガブリエル・ボヌール・シャネル)が、パリのファッションショーで成功するまでを描く伝記ドラマ。シャネルをピジエ、彼女を愛したボーイ・カペルをダルトン、エチエンヌ・ドゥ・バルサンをハウアー、叔母のアドリエンヌをフォッセー、エチエンヌの過去の愛人エミリエンヌをブラックが演じる。シャネルの生涯を描いた作品としては、2008年に「(TV)ココ・シャネル(COCO CHANEL)」(監督:クリスチャン・デュゲイ/出演:シャーリー・マクレーン、バルボラ・ボブローヴァ、マルコム・マクダウェル、アニー・デュプレー、サガモール・ステヴナン)、2009年に「ココ・アヴァン・シャネル(COCO AVANT CHANEL)」(監督:アンヌ・フォンテーヌ/出演:オドレイ・トトゥ、ブノワ・ポールヴールド)が製作されている。

音楽は、フランシス・レイのアレンジャー等としても知られるフランスの作曲家ジャン・ミュジー(1947〜)。「Chanel solitaire - Ouverture」は、メランコリックなタッチのピアノ・ソロからリリカルで美しい主題へと展開する序曲。「L'adieu au pere」は、荘厳なブラスによるイントロからジェントルな主題へ。「Le theme des chevaux I」は、乗馬のシーンのピアノによる躍動的な主題で、この華麗なタッチの主題は「Le theme des chevaux II」「Chanel solitaire V - Reverie」でも繰り返される。「Chanel solitaire I」は、美しくドラマティックなシャネルの主題で、スコア全体のメインとなる曲。著名なシャンソン歌手ミレイユ・マチューが朗々と歌い上げるヴォーカル版が、過去のサントラLPには収録されていたが、残念ながらこのCDには入っていない。「Depart de l'orphelinat」は、ややメランコリックなタッチの主題。「Chanel solitaire II」も、美しくメランコリックな主題。「Chanel solitaire IV - Le beau monde」は、荘厳なファンファーレから優雅なワルツへ。「Chanel inspiree」は、快活なイントロからメランコリックな主題へ。「Chanel solitaire III」「Arrivee a Deauville」「Chanel solitaire VII - Amour perdu」は、ジェントルでリリカルな曲。「Chanel solitaire VI - Divertimento」は、優雅なディヴェルティメント。「L'accident de Boy Capel」は、トラジックでドラマティックな主題から後半シャネルの主題へ。「Chanel solitaire - Finale」は、シャネルの主題による感動的なフィナーレ。「Chanel solitaire - Suite」は、リリカルなピアノによるイントロからドラマティックな主題等へと展開する組曲。

演奏のフランス共和国親衛隊交響楽団(ギャルド・レピュブリケーヌ交響楽団)は、フランス政府庁舎等を警備する親衛隊所属の軍楽隊で、マーチングバンドではなく、弦楽器奏者を加えた管弦楽団となっている(過去に来日公演も行っている)。指揮のロジェ・ブートリー大佐は、1973年から1997年まで同楽団の第8代首席指揮者を務め、自ら作曲も行っている。

このスコアは公開当時にフランスのAriolaレーベルとカナダのAbleレーベルからサントラLPが出ていたが、このDisques CinemusiqueのCDは未発表曲を含む初CD化で、350枚限定プレス。

ジャン・ミュジーは独学で音楽を学んだフランスの作曲家で、キャリアの初期にはジョー・ダッサン、カトリーヌ・ララ、シャルル・アズナヴール、ジャンヌ・モロー、ジョルジュ・ムスタキ、セルジュ・レジアニ、ミレイユ・マチュー、サルヴァトーレ・アダモ、マリー・ラフォレといった歌手のアレンジャーや指揮者を務め、1000枚以上のシングル盤と150枚以上のLP盤の製作に関わっている。1976年にフランスの作曲家フランシス・レイと出会い、レイが作曲した「ビリティス」(1977)「愛と哀しみのボレロ」(1981)等のスコアの編曲を担当。また、コスタ=ガヴラス監督の「(未公開)CLAIR DE FEMME」、ジャン=クロード・ブリソー監督の「白い婚礼」(1989)「ランジュ・ノワール/甘い媚薬」(1994)等、自ら約70作品の映画音楽を作曲している。

ジャン・ミュジーが手がけた作品には、
「(未公開/TV)Les oiseaux de Meiji Jingu」(1974)
「(未公開)Clair de femme」(1979)
「(未公開)Laisse-moi rever」(1979)
「(未公開)Le coeur a l'envers」(1980)
「(未公開)秘宮のタニア(Tanya's Island)」(1980)
「(未公開/TV)Pause-cafe」(1981)
「(未公開/TV)Les brus」(1981)
「(未公開)Le bahut va craquer」(1981)
「(未公開/TV)Le serment d'Heidelberg」(1981)
「(未公開/TV)Gaston Lapouge」(1981)
「ココ・シャネル(Chanel Solitaire)」(1981)
「(未公開/TV)Non recuperables」(1982)
「(未公開/TV)Mon petit ane, ma mere」(1982)
「(未公開/TV)Les invites」(1982)
「(未公開/TV)La dechirure」(1982)
「(未公開)Prends ton passe-montagne, on va a la plage」(1983)
「(未公開)Itineraire bis」(1983)
「(未公開)La palombiere」(1983)
「(未公開/TV)L'homme de la nuit」(1983)
「(未公開)Papy fait de la resistance」(1983)
「(未公開)Le voleur de feuilles」(1983)
「(未公開/TV)Rubis」(1984)
「(未公開)Les fausses confidences」(1984)
「(未公開/TV)Tous en boite」(1986)
「(未公開/TV)Le veto」(1986)
「(未公開/TV)Cinema 16 - Johnny Monroe」(1986)
「(未公開)Le journal d'un fou」(1986)
「ベイビー・ブルース(Baby Blues)」(1988)
「(未公開)Doux amer」(1988)
「白い婚礼(Noce blanche)」(1989)
「(未公開)Vanille fraise」(1989)
「(未公開)The Rainbow Thief」(1990)
「(未公開/TV)V comme vengeance - Au-dela de la vengeance」(1990)
「(未公開/TV)Talkie-walkie」(1991)
「(未公開/TV)Passion」(1992)
「(未公開/TV)Meutre avec premeditation: Recidive」(1993)
「(未公開)依頼殺人(Sweet Killing)」(1993)
「(未公開/TV)Deux justiciers dans la ville - Pilot」(1993)
「ランジュ・ノワール/甘い媚薬(L'ange noir)」(1994)
「(未公開/TV)Madame le proviseur」(1994)
「(未公開/TV)Les grandes personnes」(1995)
「(未公開/TV)Passeur d'enfants - L'enfant de Soweto」(1996)
「(未公開/TV)サン=テグジュペリ/星空への帰還(Saint-Exupery: La derniere mission)」(1996)
「(未公開/TV)Le poids d'un secret」(1996)
「(未公開/TV)Titane」(1996)
「(未公開/TV)Une soupe aux herbes sauvages」(1997)
「(未公開/TV)Le porteur de destins」(1999)
「(未公開/TV)Margot des Clairies」(1999)
「(未公開)Les savates du bon Dieu」(2000)
「(未公開/TV)Marie-Tempete」(2000)
「(未公開/TV)La source des Sarrazins」(2002)
「(未公開/TV)Malone」(2002)
「(未公開/TV)Fabien Cosma」(2002〜2004)
「はじらい(Les anges exterminateurs)」(2006)
「(未公開/TV)Les innocents」(2006)
「(未公開/TV)Nous nous sommes tant hais」(2007)
「(未公開/TV)Le lien」(2007)
「(未公開)A l'aventure」(2008)
「(未公開/TV)Ah, c'etait ca la vie!」(2009)
「(未公開/TV)Jusqu'a l'enfer」(2009)
「(未公開/TV)Le temps du silence」(2011)
「(未公開/TV)La vie en miettes」(2011)
「(未公開/TV)Empreintes - Jorge Semprun」(2011)
「(未公開/TV)Petits arrangements avec ma mere」(2012)
「(未公開/TV)Frere & soeur」(2012)
「(未公開/TV)Malgre-elles」(2012)
「(未公開/TV)Mortel ete」(2013)
「(未公開/TV)L'escalier de fer」(2013)
「(未公開/TV)Malevil」(2013)
「(未公開/TV)La boule noire」(2015)
等がある。
(2015年3月)

Top


Film Music Composersへ戻る


Copyright (C) 1999 - 2015  Hitoshi Sakagami.  All Rights Reserved.