エルマー・バーンステイン
  Elmer Bernstein

Date of Birth: 1922/4/4
Place of Birth: Brooklyn, New York, USA
Date of Death: 2004/8/18

Mini Biography:
During his childhood Bernstein performed professionally as a dancer and an actor and won several prizes for his painting. He gravitated toward music by his own choice at the age of twelve, at which time he was given a scholarship in piano by Henriette Michelson, a Juilliard teacher. In 1949, he was asked to do two shows for United Nations Radio which brought him to the attention of Sidney Buchman, Vice President of Columbia Pictures, who offered him the opportunity to write the music for "Saturday's Hero" in 1950. His most profound impact on the art of film scoring came with his introduction of jazz in the score for "The Man with the Golden Arm". He was nominated for 13 Academy Awards and received an Oscar in 1967 for "Thoroughly Modern Millie". His film work has overshadowed his significant background as a classical pianist and concert composer. He studied composition with Aaron Copland, Roger Sessions and Stefan Wolpe and performed widely as a concert soloist between 1939 and 1950.

Official website of Elmer Bernstein: http://www.elmerbernstein.com/

 

*** エルマー・バーンステインのCDを購入する ***
↑Amazon.co.jp で“Elmer Bernstein”を検索した結果が表示されます。
ただし、指揮だけ担当しているCDや、サントラ盤ではないCD等が含まれている場合があります。


ラストマン・スタンディング  LAST MAN STANDING

作曲・指揮:エルマー・バーンステイン
Composed and Conducted by ELMER BERNSTEIN

(米Varese Sarabande / VSD-5755)

cover
このCD(輸入盤)を購入する

硬派アクション映画の職人監督ウォルター・ヒル「ザ・ドライバー」「48時間」「ダブル・ボーダー」「トレスパス」等)が、黒澤「用心棒」のストーリーをブルース・ウイリス主演で再映画化した作品。ヒルといえば、私の大好きなドン・シーゲル(「ダーティハリー」「突破口!」等)とサム・ペキンパー(「ワイルドバンチ」等)のライン上にいる監督(ヒルはペキンパー監督作品「ゲッタウェイ」の脚本を書いており、ペキンパーはシーゲル監督作品の「盗まれた街」というSF映画のダイアローグディレクターだったので師弟関係が繋がっている)なので毎度期待してしまうが、全てが傑作というわけではない。

この映画のサントラは「ロングライダーズ」等でヒルと組んでいるライ・クーダーがスコアを担当しているが、このVarese盤はハリウッド映画音楽界の大御所エルマー・バーンステイン作曲による「Music Inspired by the Film」となっており、要するにリジェクテッド・スコアである(実際の映画では使用されなかった音楽)。

バーンステインといえば、セシル・B・デミル監督の「十戒」(1956)の音楽を書いた人で、現存する作曲家としてはゴールドスミスやウィリアムスよりも上の世代の大ベテランということになるが、現在でも新作を精力的に書き続けているのはさすがとしか言いようがない。「荒野の七人」(1960)「大脱走」(1963)といった有名な作品も残している(「マルボロ」のCMからの印税収入があるらしい)が、何といっても彼のベストは「アラバマ物語」(1962)の感動的なスコアであろう。今回の音楽はサントラではないが、いかにもバーンステインらしいソリッドな劇音楽で、実際に映画には使われなかったとはいえ、真に「映画音楽的」な聴き応えのあるスコアとなっている。
(1997年1月)

Top


エデンより彼方に FAR FROM HEAVEN

作曲・指揮:エルマー・バーンステイン
Composed and Conducted by ELMER BERNSTEIN

演奏:ハリウッド・スタジオ交響楽団
Performed by the Hollywood Studio Symphony

(米Varese Sarabande / 302 066 421 2)

cover
このCD(輸入盤)を購入する

2002年製作のアメリカ映画(日本公開は2003年夏)。監督・脚本は「ポイズン」(1991)「SAFE」(1995)「ベルベット・ゴールドマイン」(1998)等のトッド・ヘインズ。出演はジュリアン・ムーア、デニス・クエイド、デニス・ヘイスバート、パトリシア・クラークソン、ヴィオラ・デイヴィス、ジェームズ・レブホーン、マイケル・ガストン、ベティ・ヘンリッツ、ライアン・ウォード、リンゼイ・アンドレッタ、ジョーダン・パーイヤー、カイル・ティモシー・スミス、シーリア・ウェストン、バーバラ・ギャリック、オリヴィア・バークランド、スティーヴィー・レイ・ダリモア他。撮影はエドワード・ラックマン。製作総指揮にジョージ・クルーニーとスティーヴン・ソダーバーグが参加している。1957年のコネティカット州ハートフォード。夫フランク(クエイド)と子供たちに囲まれ、ブルジョワ家庭の模範的な主婦として町中の賞賛と羨望の的だったキャシー(ムーア)。しかしある日、フランクが同性愛者だったという事実と、キャシーの黒人庭師との関係が明るみになり、完璧だったはずの家庭が崩壊していく……。この作品は、2002年度アカデミー賞の主演女優賞(ムーア)、脚本賞、撮影賞、作曲賞にノミネートされており、主演のジュリアン・ムーアはヴェネチア国際映画祭とLA批評家協会賞の女優賞も受賞している。

音楽は1950年代より半世紀以上にわたり映画音楽を作曲し続けている大ベテランのエルマー・バーンステイン。映画のテーマや時代背景的にも彼の起用はうなずける。冒頭の「Autumn in Connecticut」は、「アラバマ物語」等バーンステインのベスト作を想起させる、非常にオーソドックスでメロディそのものものの美しさに心を動かされる真摯な音楽。「Evening Rest」は小編成のストリングスとピアノによる静かに美しい曲。「Walking Through Town」「Prowl」はジャズ風のアレンジメントで軽妙なタッチ。「Party」はメインの主題の短いリプライズ。「Hit」はドラマティックなアンダースコア。「Turning Point」は牧歌的な雰囲気で、ウエスタン風なのがバーンステインらしくて面白い。「Stones」はサスペンス調。「More Pain」は重くシリアスなタッチ。「Beginnings」はメインの主題のリプライズによるフィナーレ。ピアノはバーンステインとのコラボレーションが多いシンシア・ミラーが演奏している。バーンステインはこのスコアで、2002年度アカデミー賞の作曲賞、ゴールデン・グローブの音楽賞にノミネートされている他、LA批評家協会賞の音楽賞を受賞している。
(2003年4月)

Top


大脱走 THE GREAT ESCAPE - The Deluxe Edition

作曲・指揮:エルマー・バーンステイン
Composed and Conducted by ELMER BERNSTEIN

(米Varese Sarabande / VCL 0804 1029)

1963年製作のアメリカ映画。製作・監督は「OK牧場の決斗」(1957)「老人と海」(1958)「荒野の七人」(1960)「サタンバグ」(1964)「墓石と決闘」(1967)「鷲は舞いおりた」(1976)等のジョン・スタージェス 。出演はスティーヴ・マックィーン、ジェームズ・ガーナー、リチャード・アッテンボロー、ジェームズ・コバーン、チャールズ・ブロンソン、デヴィッド・マッカラム、ドナルド・プレザンス、ジェームズ・ドナルド、ジョン・レイトン、ゴードン・ジャクソン、ハンネス・メッセマー、アンガス・レニー、トム・アダムス、ナイジェル・ストック、ロバート・グラフ、ジャド・テイラー他。第二次大戦中、脱走不可能と考えられていたドイツ軍の捕虜収容所から連合軍捕虜が集団で脱走した実話の映画化。実際にその収容所の捕虜だったポール・ブリックヒルの原作を基にジェームズ・クラヴェルとW・R・バーネットが脚本を執筆。撮影はダニエル・ファップ。絶妙の脚本(クランクイン時点でも未完成だったというが)やオールスターキャストの魅力により、面白さが全く色褪せない痛快娯楽戦争映画。1963年度アカデミー賞の編集賞(フェリス・ウェブスター)にノミネートされている。

音楽はエルマー・バーンステインで、これは彼にとって、同じジョン・スタージェス監督と組んだ「荒野の七人」(1960)と並ぶ代表作。今回Varese Sarabandeレーベルが「CD Club」のエントリーとしてリリースしたCD2枚組の“デラックス・エディション”は、映画のサウンドトラック音源の初の完全な形でのアルバム化である。過去に何度もリリースされてるこのスコアのサントラ盤(LP及びCD)は、バーンステイン自身が約30人編成のオーケストラにより再録音した32分程度のハイライトで、実際に映画で流れたサウンドトラック音源は長らく紛失していると考えられていた。ところが、Varese Sarabandeレーベルの代表者であるロバート・タウンソンが、MGMによるこの映画の特別版DVD発売に合わせて既存のサントラ盤を再発するため、音源の所在を再調査した際に、紛失したと考えられていたサウンドトラック音源の2トラック・テープを偶然発見した。これはバーンステインが1963年1〜2月に62人編成のオーケストラで録音した42曲/90分を超える音源で、今回、実に41年を経て完全な形でアルバム化された(3,000枚限定プレス)。

「Main Title」は、あまりにも有名な「大脱走」マーチ。「戦場にかける橋」の「ボキー大佐マーチ」や「史上最大の作戦」のマーチと並んでポピュラーな戦争映画の主題曲だろう。このトラックは映画で流れた通り、曲の終わり方が再録音版と異なる。このマーチは「Premature Plans」「If at Once」「Forked」「Cooler」「The Plan」「Foul Up」「On the Road」等、全編を通して様々なバリエーションで顔を出す。「At First Glance」では、捕虜収容所の絶望的な雰囲気を描写した悲劇的なトーンの主題が登場する。この主題も「Tonight We X」「Interruptus」「Panic」等で繰り返される。「The Scrounger」は牧歌的でジェントルな調達屋ヘンドレー(ガーナー)の主題。「Blythe」は偽造屋ブライスの主題。脱走を準備する過程のサスペンスやトラブルは、「Water Faucet」「The Sad Ives」「Cave In」「Restless Men」「Discovery」「Various Troubles」等のアンダースコアで描写されている。Disc 2の中盤からは、収容所から脱走した捕虜たちをドイツ軍が捜索するシークエンスのサスペンスやアクションが「Released Again」「The Chase」「Flight Plan」「More Action」「Hilts Captured」「Road's End」等で描写される。特にマックイーン扮するヒルツがドイツ軍のオートバイを奪って逃走するシーンのアクションスコアが忘れ難い。「Betrayal」はドイツ軍に捕らえられたバートレット(アッテンボロー)たちが処刑されるシーンの音楽。「Three Gone」は脱走に成功した3人を描写したジェントルなタッチ。「Finale」はマーチのリプライズによるフィナーレで、キャストが1人ずつ紹介されるエンドクレジットのマーチ「The Cast」へと続く(このトラックの後にボーナスあり)。

エルマー・バーンステインは2004年8月18日、カリフォルニア州オジャイの自宅で死去した。82歳だった。ジョン・ウィリアムスやジェリー・ゴールドスミスより1つ上の世代の、正統派フィルムスコアの最後の偉大な作曲家だった。

尚、20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパンからリリースされているこの映画の日本版DVDには、TV放映時の日本語吹替音声が収録されているが、これはスティーブ・マックィーン(宮部昭夫)、ジェームズ・ガーナー(家弓家正)、リチャード・アッテンボロー(宮川洋一)、チャールズ・ブロンソン(大塚周夫)、ジェームズ・コバーン(小林清志)、デヴィッド・マッカラム(井上真樹夫)、ドナルド・ プレザンス(勝田 久)、ジェームズ・ドナルド(大木民夫)、ジョン・レイトン(堀 勝之祐)、ゴードン・ジャクソン(上田敏也)、ハンネス・メッセマー(川久保 潔)、アンガス・レニー(富田耕生)という豪華キャストだった。 cover
このDVD(日本版)を購入する

エルマー・バーンステインが手がけた作品には
「(未公開)Saturday's Hero」(1951)
「(未公開)Boots Malone」(1952)
「(未公開)奥さまは新兵さん(Never Wave at a WAC)」(1952)
「突然の恐怖(Sudden Fear)」(1952)
「真紅の騎兵隊(Battles of Chief Pontiac)」(1952)
「(未公開)A Communications Primer」(1953)
「(未公開)ロボット・モンスター(Robot Monster)」(1953)
「(未公開)月のキャット・ウーマン(Cat-Women of the Moon)」(1953)
「(未公開)S-73」(1954)
「(未公開)Miss Robin Crusoe」(1954)
「(未公開)蛇のような男(Make Haste to Live)」(1954)
「(未公開)Silent Raiders」(1954)
「(未公開)House: After Five Years of Living」(1955)
「レイテ沖海空戦/永遠の海原(The Eternal Sea)」(1955)
「(未公開)さらばポンペイ(The View from Pompey's Head)」(1955)
「黄金の腕(The Man with the Golden Arm)」(1955)
「(未公開)大雪原の死闘(Storm Fear)」(1955)
「(未公開)It's a Dog's Life」(1955)
「(未公開)The Naked Eye」(1956)
「(未公開)Eames Lounge Chair」(1956)
「十戒(The Ten Commandments)」(1956)
「(未公開)The Information Machine」(1957)
「最前線(Men in War)」(1957)
「栄光の旅路(Fear Strikes Out)」(1957)
「成功の甘き香り(Sweet Smell of Success)」(1957)
「(未公開)地獄の拍車(Drango)」(1957)
「胸に輝く星(The Tin Star)」(1957)
「(未公開)The True Story of the Civil War」(1957)
「楡の木蔭の欲望(Desire Under the Elms)」(1958)
「西部の旅がらす(Saddle the Wind)」(1958)
「最后の接吻(Kings Go Forth)」(1958)
「真昼の欲情(God's Little Acre)」(1958)
「(未公開/TV)General Electric Theater - Battle for a Soul」(1958)
「大海賊(The Buccaneer)」(1958)
「走り来る人々(Some Came Running)」(1958)
「(未公開/TV)The Race for Space」(1959)
「(未公開)Glimpses of the USA」(1959)
「(未公開)Anna Lucasta」(1959)
「(未公開)Toccata for Toy Trains」(1959)
「奇蹟(The Miracle)」(1959)
「(未公開)The Story on Page One」(1959)
「(未公開/TV)Johnny Staccato」(1959〜1960)
「(未公開/TV)Riverboat」(1959〜1960)
「(未公開)Introduction to Feedback」(1960)
「(未公開)The Fabulous Fifties」(1960)
「ねずみの競争(The Rat Race)」(1960)
「孤独な関係(From the Terrace)」(1960)
「荒野の七人(The Magnificent Seven)」(1960)
「(未公開/TV)Hollywood: The Golden Years」(1961)
「(未公開)IBM Mathematics Peep Show」(1961)
「(未公開)愛するゆえに(By Love Possessed)」(1961)
「(未公開)若き医師たち(The Young Doctors)」(1961)
「コマンチェロ(The Comancheros)」(1961)
「肉体のすきま風(Summer and Smoke)」(1961)
「(未公開)San Francisco Fire」(1962)
「(未公開/TV)The Beachcomber」(1962)
「荒野を歩け(Walk on the Wild Side)」(1962)
「(未公開/TV)The Dick Powell Show - Savage Sunday」(1962)
「(未公開/TV)D-Day June 6, 1944」(1962)
「終身犯(Birdman of Alcatraz)」(1962)
「(未公開/TV)Hollywood: The Fabulous Era」(1962)
「アラバマ物語(To Kill a Mockingbird)」(1962)
「(未公開)忘れえぬ慕情(A Girl Named Tamiko)」(1962)
「(未公開/TV)Hollywood: The Great Stars」(1963)
「ハッド(Hud)」(1963)
「大脱走(The Great Escape)」(1963)
「(未公開)The Caretakers」(1963)
「ランページ(Rampage)」(1963)
「(未公開/TV)Project: Man in Space」(1963)
「太陽の帝王(Kings of the Sun)」(1963)
「マンハッタン物語(Love with the Proper Stranger)」(1963)
「(未公開)The Making of the President 1960」(1963)
「(未公開/TV)Hollywood and the Stars」(1963〜1964)
「(未公開)House of Science」(1964)
「(未公開/TV)A Thousand Days: A Tribute to John Fitzgerald Kennedy」(1964)
「マリアンの友だち(The World of Henry Orient)」(1964)
「大いなる野望(The Carpetbaggers)」(1964)
「(未公開)Four Days in November」(1964)
「(未公開/TV)Time-Life Specials: The March of Time」(1965)
「(未公開)The Smithsonian Institute」(1965)
「(未公開)Sherlock Holmes in the Singular Case of the Plural Green Mustache」(1965)
「(未公開)Westinghouse in Alphabetical Order」(1965)
「(未公開)IBM at the Fair」(1965)
「(未公開)IBM Puppet Shows」(1965)
「(未公開)View from the People Wall」(1965)
「ハイウェイ(Baby the Rain Must Fall)」(1965)
「ビッグトレイル(The Hallelujah Trail)」(1965)
「エルダー兄弟(The Sons of Katie Elder)」(1965)
「(未公開/TV)France: Conquest to Liberation」(1965)
「メキシコで死ね(The Reward)」(1965)
「(未公開/TV)In Search of Man」(1965)
「荒野の女たち(7 Women)」(1966)
「(未公開/TV)National Geographic Specials - Voyage of the Brigantine Yankee」(1966)
「サイレンサー/沈黙部隊(The Silencers)」(1966)
「巨大なる戦場(Cast a Giant Shadow)」(1966)
「ハワイ(Hawaii)」(1966)
「続・荒野の七人(Return of the Seven)」(1966)
「モダン・ミリー(Thoroughly Modern Millie)」(1967)
「(TV)バークレー牧場(The Big Valley)」(1967〜1968)
「(未公開)A Rough Sketch for a Proposed Film Dealing with the Powers of Ten and the Relative Size of Things in the Universe」(1968)
「(未公開)A Computer Glossary」(1968)
「(TV)ジュリア(Julia)」(1968〜1970)
「インディアン狩り(The Scalphunters)」(1968)
「太ももに蝶(I Love You, Alice B. Toklas!)」(1968)
「(未公開)Tops」(1969)
「(未公開)Where's Jack?」(1969)
「強奪超特急(Midas Run)」(1969)
「勇気ある追跡(True Grit)」(1969)
「レマゲン鉄橋(The Bridge at Remagen)」(1969)
「新・荒野の七人/馬上の決闘(Guns of the Magnificent Seven)」(1969)
「さすらいの大空(The Gypsy Moths)」(1969)
「宇宙からの脱出(Marooned)」(1969)
「(未公開)Kifaru... The Black Rhino」(1970)
「(未公開/TV)The Unfinished Journey of Robert Kennedy」(1970)
「L・B・ジョーンズの解放(The Liberation of L.B. Jones)」(1970)
「春の雨の中を(A Walk in the Spring Rain)」(1970)
「コンドルの砦(Cannon for Cordoba)」(1970)
「(未公開)Computer Landscape」(1971)
「(未公開/TV)Appointment with Destiny: The Last Days of John Dillinger」(1971)
「(未公開)The Tell-Tale Heart」(1971)
「(未公開)Doctors' Wives」(1971)
「100万ドルの血斗(Big Jake)」(1971)
「見えない恐怖(Blind Terror)」(1971)
「(未公開/TV)Owen Marshall: Counselor at Law - Eulogy for a Wide Receiver」(1971)
「(未公開/TV)Appointment with Destiny」(1971〜1973)
「(未公開)SX-70」(1972)
「(未公開)Computer Perspective」(1972)
「(TV)スタジアム乱射事件(The Rookies)」(1972)
「荒野の七人/真昼の決闘(The Magnificent Seven Ride!)」(1972)
「(TV)ガンスモーク(Gunsmoke - Hostage!)」(1972)
「(未公開)The Amazing Mr. Blunden」(1972)
「(TV)命がけの青春/ザ・ルーキーズ(The Rookies - Judgement, - Concrete Valley, Neon Sky)」(1972〜1974)
「(未公開)恐怖のハネムーン(Nightmare Honeymoon)」(1973)
「(未公開/TV)The Crucifixion of Jesus」(1973)
「(未公開)Copernicus」(1973)
「(TV)検事(Incident on a Dark Street)」(1973)
「ビッグケーヒル(Cahill U.S. Marshal)」(1973)
「マックQ(McQ)」(1974)
「(未公開/TV)Men of the Dragon」(1974)
「ゴールド(Gold)」(1974)
「(未公開)The Trial of Billy Jack」(1974)
「(未公開)Metropolitan Overview」(1975)
「(未公開)ニューヨーク麻薬捜査線(Report to the Commissioner)」(1975)
「(TV)エラリー・クイーン(Ellery Queen)」(1975)
「(未公開)The Old Curiosity Shop」(1975)
「(未公開)The Look of America」(1976)
「(TV)アウトロー刑事・セルピコ(Serpico)」(1976)
「(TV)新セルピコ/孤独刑事最後の挑戦(Serpico - The Deadly Game)」(1976)
「ラスト・シューティスト(The Shootist)」(1976)
「正午から3時まで(From Noon Till Three)」(1976)
「(未公開/TV)Captains and the Kings」(1976)
「(未公開)The Incredible Sarah」(1976)
「スラップ・ショット(Slap Shot)」(1977)
「(未公開)The Worlds of Franklin and Jefferson」(1977)
「(未公開)Polavision」(1977)
「(未公開)Daumier: Paris and the Spectator」(1977)
「(未公開)Powers of Ten」(1977)
「(未公開/TV)Seventh Avenue」(1977)
「(未公開)Billy Jack Goes to Washington」(1977)
「(TV)デス・チェイス5000キロ/爆走!大陸横断大追跡(The 3,000 Mile Chase)」(1977)
「(未公開)Macbeth」(1978)
「(未公開)Degas in the Metropolitan」(1978)
「(未公開)Masks」(1978)
「(未公開/V)Art Game」(1978)
「(未公開)Cezanne」(1978)
「アニマル・ハウス(Animal House)」(1978)
「(未公開)愛の断層(Bloodbrothers)」(1978)
「(TV)若草物語(Little Women)」(1978)
「(未公開)A Report on the IBM Exhibition Center」(1979)
「(未公開/TV)Charleston」(1979)
「(未公開/TV)Delta House」(1979)
「(未公開/TV)The Chisholms」(1979)
「(未公開)ズールー戦争/野望の大陸(Zulu Dawn)」(1979)
「ミートボール(Meatballs)」(1979)
「パパ(The Great Santini)」(1979)
「スペース・サタン(Saturn 3)」(1980)
「(TV)ガイアナ人民寺院の惨劇(Guyana Tragedy: The Story of Jim Jones)」(1980)
「(未公開/TV)This Year's Blonde」(1980)
「フライングハイ(Airplane!)」(1980)
「(未公開)Going Ape!」(1981)
「パラダイス・アーミー(Stripes)」(1981)
「ヘビー・メタル(Heavy Metal)」(1981)
「(未公開)フロリダ・ハチャメチャ・ハイウェイ(Honky Tonk Freeway)」(1981)
「狼男アメリカン(An American Werewolf in London)」(1981)
「(未公開)The Chosen」(1981)
「(未公開/TV)Today's F.B.I.」(1981)
「(未公開)ジェノサイド ナチスの虐殺 ホロコーストの真実(Genocide)」(1982)
「氷壁の女(Five Days One Summer)」(1982)
「フライングハイ2/危険がいっぱい月への旅(Airplane II: The Sequel)」(1982)
「スペースハンター(Spacehunter: Adventures in the Forbidden Zone)」(1983)
「大逆転(Trading Places)」(1983)
「恋のスクランブル(Class)」(1983)
「(未公開)ボレロ/愛欲の日々(Bolero)」(1984)
「ゴーストバスターズ(Ghost Busters)」(1984)
「(TV)脱走大陸/自由への国境は雪原の彼方(Gulag)」(1985)
「(未公開)マリー・ワード(Marie Ward - Zwischen Galgen und Glorie)」(1985)
「コルドロン(The Black Cauldron)」(1985)
「スパイ・ライク・アス(Spies Like Us)」(1985)
「(未公開)Prince Jack」(1985)
「夜霧のマンハッタン(Legal Eagles)」(1986)
「サボテン・ブラザース!(Three Amigos!)」(1986)
「サイレント・ボイス/愛を虹にのせて(Amazing Grace and Chuck)」(1987)
「(未公開)ビル・コスビーのそれ行けレオナルド(Leonard Part 6)」(1987)
「ジミー/さよならのキスもしてくれない(A Night in the Life of Jimmy Reardon)」(1988)
「(未公開)Da」(1988)
「(未公開)ファニー・ファーム/勝手にユートピア(Funny Farm)」(1988)
「(未公開)情熱の代償(The Good Mother)」(1988)
「風の惑星/スリップストリーム(Slipstream)」(1989)
「マイ・レフトフット(My Left Foot: The Story of Christy Brown)」(1989)
「(未公開)One Day in Dallas」(1990)
「(未公開)ザ・フィールド(The Field)」(1990)
「グリフターズ/詐欺師たち(The Grifters)」(1990)
「ケープ・フィアー(Cape Fear)」(1991)
「オスカー(Oscar)」(1991)
「レイジ・イン・ハーレム(A Rage in Harlem)」(1991)
「ランブリング・ローズ(Rambling Rose)」(1991)
「夢を生きた男/ザ・ベーブ(The Babe)」(1992)
「(未公開/TV)The Bogie Man」(1992)
「(未公開)セメタリークラブ(The Cemetery Club)」(1993)
「恋に落ちたら…(Mad Dog and Glory)」(1993)
「(未公開)ニール・サイモンのヨンカーズ物語(Lost in Yonkers)」(1993)
「エイジ・オブ・イノセンス/汚れなき情事(The Age of Innocence)」(1993)
「危険な遊び(The Good Son)」(1993)
「ジョン・キャンディの大進撃(Canadian Bacon)」(1995)
「(未公開)最高のルームメイト(Roommates)」(1995)
「(TV)完全犯罪(Perfect Crimes)」(1995)
「サーチ&デストロイ(Search and Destroy)」(1995)
「(未公開/TV)A Personal Journey with Martin Scorsese Through American Movies」(1995)
「フランキー・スターライト/世界で一番素敵な恋(Frankie Starlight)」(1995)
「青いドレスの女(Devil in a Blue Dress)」(1995)
「(未公開)ダーティ・ボーイズ(Bulletproof)」(1996)
「(未公開)バディ(Buddy)」(1997)
「(未公開)奴らに深き眠りを(Hoodlum)」(1997)
「レインメーカー(The Rainmaker)」(1997)
「(未公開)トワイライト 葬られた過去(Twilight)」(1998)
「(未公開)Puppies for Sale」(1998)
「(TV)荒野の七人(The Magnificent Seven)」(1998〜2000)
「ディープエンド・オブ・オーシャン(The Deep End of the Ocean)」(1999)
「ワイルド・ワイルド・ウエスト(Wild Wild West)」(1999)
「(TV)アカデミー 栄光と悲劇(Introducing Dorothy Dandridge)」(1999)
「救命士(Bringing Out the Dead)」(1999)
「(VG)Wild, Wild West: The Steel Assassin」(1999)
「ある夏の日(A Storm in Summer)」(2000)
「僕たちのアナ・バナナ(Keeping the Faith)」(2000)
「(未公開)Chinese Coffee」(2000)
「(未公開)Taking the Wheel」(2002)
「エデンより彼方に(Far from Heaven)」(2002)
「(未公開)The Rising of the Moon」(2002)
「(未公開)Cecil B. DeMille: American Epic」(2004)
等がある。

エルマー・バーンステインは1955年の「黄金の腕」、1960年の「荒野の七人」、1961年の「肉体のすきま風」でアカデミー賞の劇・喜劇映画音楽賞に、1966年の「続・荒野の七人」で同・音楽(編曲賞)に、1983年の「大逆転」で同・音楽(編曲・歌曲)賞に、1962年の「アラバマ物語」、1966年の「ハワイ」、1993年の「エイジ・オブ・イノセンス/汚れなき情事」、2002年の「エデンより彼方に」で同・作曲賞に、1962年の「荒野を歩け」、1966年の「ハワイ」、1969年の「勇気ある追跡」、1974年の「ゴールド」で同・歌曲賞にノミネートされており、1967年の「モダン・ミリー」で同・作曲賞を受賞している。また、1962年の「アラバマ物語」と1966年の「ハワイ」ではゴールデン・グローブの音楽賞を受賞している。

(2004年10月)
(2009年6月)

Top


Film Music Composersへ戻る


Copyright (C) 1999 - 2017  Hitoshi Sakagami.  All Rights Reserved.