ブルース・ブロートン
  Bruce Broughton

Date of Birth: 1945/3/8
Place of Birth: Los Angeles, California, USA
Mini Biography:
Bruce Broughton composes in almost every medium, from theatrical motion pictures and television to computer games, in styles ranging from large symphonic settings ("Silverado") to contemporary electronic scores (the Emmy-nominated "The Dive from Clausen's Pier"). He has written the scores for such major motion pictures as "Tombstone," "Lost In Space," "Young Sherlock Holmes" and "Bambi II." With 23 nominations, he has received the Emmy award a record ten times. His television credits include the main title themes for "Jag" and Steven Spielberg's "Tiny Toon Adventures," as well as the scores for countless television series ("Dallas," "Quincy," "Hawaii Five-O") and movies and mini-series ("The Blue and the Gray," True Women"). His score for "Heart of Darkness" was the first orchestral score composed for a CD-ROM game. His concert music includes numerous works for orchestra and chamber groups, which have been performed by ensembles such as the Cleveland Orchestra, the Chicago Symphony and the Los Angeles Chamber Orchestra. He is a governor of the Academy of Motion Picture Arts and Sciences, a board member of ASCAP and a past president of The Society of Composers and Lyricists. He has lectured in music composition at UCLA and has taught film composition in the Advanced Film Music Studies program at USC.

Official website of Bruce Broughton: http://www.brucebroughton.com/

 


トゥームストーン  TOMBSTONE

作曲・指揮:ブルース・ブロートン
Composed and Conducted by BRUCE BROUGHTON

演奏:シンフォニア・オブ・ロンドン
Performed by The Sinfonia of London

(米Intrada / MAF7038D)

ワイアット・アープとドク・ホリディがクラントン一味と西部のトゥームストーンの街で対決したかの有名な「OK牧場の決闘」は、ジョン・フォード監督の「荒野の決闘」をはじめ過去に何度も映画化されているが、1994年にはこの決闘を題材にした映画が2本公開された。ジョルジュ・パン・コスマトス監督/カート・ラッセル、ヴァル・キルマー主演の「トゥームストーン」と、ローレンス・カスダン監督/ケヴィン・コスナー、デニス・クエイド主演の「ワイアット・アープ」である。

「ダンス・ウィズ・ウルブス」「許されざる者」がオスカーを受賞したあたりから、ハリウッドでは西部劇ブームが再燃したが、この2本が視点をずらした異色ウエスタンだったのに対し、この「トゥームストーン」はオーソドックスな正統西部劇のスタイルを踏襲していた。共演もマイケル・ビーン、パワーズ・ブース、サム・エリオット、ビル・パクストン、チャールトン・ヘストンと硬派揃い。 

音楽はやはり西部劇の「シルバラード」でリッチなスコアを聴かせたハリウッドの実力派ブルース・ブロートン。サルーン音楽風の短いフレーズから一転してぶ厚い低音のブラスと鋭いメタル・パーカッションによる悪党一味のテーマへと続き、後半になって雄大で情感豊かなメイン・テーマが登場する。がっしりとしたシンフォニック・スコアながら、西部劇音楽の常套であるギターやハーモニカは一切使っていないところがブロートンらしい。実に器用な作曲家である。
(1994年2月)

 

<2006年4月追加>

米Intradaレーベルがこのスコアのコンプリート・スコア(CD2枚組)をリリース。収録曲は以下の通り。

(米Intrada / MAF 7098)

 TOWER.JPで購入

= CD1: Complete Score =

01. *Logo (Jerry Goldsmith) 0:21
02. Prologue; Main Title; And Hell Followed 3:50
03. A Family 2:03
04. Arrival in Tombstone 2:14
05. *The Town Marshall; *A Quarter Interest 0:48
06. Josephine 1:30
07. Gotta Go to Work 1:10
08. *Ludus Inebriatus 1:15
09. Fortuitous Encounter; Wyatt and Josephine 5:16
10. *Thinking Out Loud 0:28
11. Opium Den; Law Dog; You Got a Fight Comin' 7:08
12. *Virgil Thinks 0:53
13. The Antichrist; Gathering For a Fight; Walking to the Corral; OK Corral Gunfight 7:36
14. Aftermath 1:30
15. The Dead Don't Dance; *Behan Warns Josephine; Upping the Ante; Morgan's Murder 5:15
16. *Defections 0:58
17. Morgan's Death 2:12
18. Hell's Comin'; Wyatt's Revenge 3:53
19. *No More Curly Bill 0:36
20. The Former Fabian 1:34
21. Brief Encounters; Ringo's Challenge; Doc and Wyatt 5:38
22. You're No Daisy; Finishing It 3:55
23. Doc Dies 2:46
24. Looking at Heaven; End Credits 8:45

(CD 1 Total Time = 72:42)

= Bonus CD: Alternate Score Cues & Fabian Theater Music =

01. *Arrival in Tombstone [w/alternate intro] 2:14
02. *Josephine [short version] 1:00
03. *Fortuitous Encounter [w/alternate mid-section] 2:26
04. *Morgan's Death [short version] 1:47
05. Tombstone [Main Theme Only] 2:23

(Alternate Score Cues Time = 10:03)

Fabian Theater Music - Suite
06. *Pit Orchestra Warm-Up 0:39
07. Thespian Overture [long] 0:45
08. *Tympani 0:08
09. *Waltz 0:14
10. *Piano/Cello Duet 0:36
11. *Faust (based on "Danse Macabre" by Camille Saint-Saens) 1:14
12. *Thespian Overture [short] 0:29

(Fabian Suite Time = 4:04)
(Bonus CD Total Time = 14:14)

*Previously unreleased.

↑Top


ザ・ターゲット  SHADOW CONSPIRACY

作曲・指揮:ブルース・ブロートン
Composed and Conducted by BRUCE BROUGHTON

演奏:シンフォニア・オブ・ロンドン
Performed by The Sinfonia of London

(米Intrada / MAF7073)

ホワイトハウス、CIA、NSA、FBIといったアメリカ政府組織が大統領暗殺を企てるというサスペンス。チャーリー・シーンが暗殺計画を阻止しようとする大統領補佐官に扮する。共演はリンダ・ハミルトン、ドナルド・サザーランド、ベン・ギャザラ、サム・ウォーターストン。監督はジョルジュ・パン・コスマトス。コスマトスといえば、病原菌に汚染された大陸縦断列車を描いたサスペンス映画「カサンドラ・クロス」でデビューし、「ヨーロッパのスピルバーグ」などと呼ばれていたが、その後「オフサイド7」という戦争映画をイギリスで撮ったりして、スタローンの「ランボー2」でハリウッド進出。更に「コブラ」や「トゥームストーン」といったアクション映画を手がけており、今では中堅の職人監督といった感じで或る程度安心してみれる娯楽映画を作れる人である。

音楽を担当したブルース・ブロートンは、コスマトスとは西部劇の「トゥームストーン」で組んでいるが、彼には同じく西部劇でローレンス・カスダンが監督した「シルバラード」という傑作スコアがある。この他にも「ヤング・シャーロック ピラミッドの謎」「ミクロキッズ」「34丁目の奇蹟」等を担当しているが、現在ハリウッドで最も信頼できる作曲家の一人である。今回の「ザ・ターゲット」にもパーカッションを多用した重厚でダイナミックなオーケストラル・スコアを書いており、ベテランらしい手堅い仕事をしている。ところで、今回の作品のように大統領が登場する映画が昔からハリウッドには多いが、特に最近は大統領がコケにされている話が多い。この作品などその最たるものだが、さすがにハリウッドもまずいと思ったのか、ハリソン・フォードが大統領に扮する「エアフォース・ワン」ではヒロイックな大統領が活躍する。どこかの国では作り得ない映画である。
(1997年9月)

↑Top


ロスト・イン・スペース  LOST IN SPACE

作曲・指揮:ブルース・ブロートン
Composed and Conducted by BRUCE BROUGHTON

演奏:シンフォニア・オブ・ロンドン
Performed by The Sinfonia of London

(米TVT / 8180-2)

cover
このCD(輸入盤)を購入する

1965年に製作されたTVシリーズ「宇宙家族ロビンソン」をもとに、製作費700万ドルを投じ、最新の3D・CGI技術を駆使して映画化したもので、主人公のロビンソン一家には、ウィリアム・ハート、ミミ・ロジャース、ヘザー・グラハム、ジャック・ジョンソン等が扮している。「レオン」「フィフス・エレメント」「エアフォース・ワン」と悪役続きのゲイリー・オールドマンがここでも悪漢ドクター・スミスを演じているが、キャストのビリングではロビンソン教授役のウィリアム・ハートより先に名前がきている。監督は「ブローン・アウェイ/復讐の序曲」「ゴースト&ダークネス」等のスティーブン・ホプキンス。ジム・ヘンソンズ・クリーチャー・ショップがアニマトロニック特撮を担当している。

音楽担当のブルース・ブロートンがこれまでに作曲したファンタジー系の作品には、スピルバーグ製作の「ヤング・シャーロック ピラミッドの謎」「ハリーとヘンダーソン一家」や、ディズニーの「(未公開)ビアンカの大冒険/ゴールデン・イーグルを救え!」等、優れたスコアがいくつかあるが、宇宙を舞台にした冒険ものは、1984年に担当した「スペース・パイレーツ(The Ice Pirates)」以来であり、スペースオペラにふさわしくスケールの大きいシンフォニック・スコアを提供している。トップクラスの実力の割には地味な作品の多いブロートンにとって久々の大作であり、聴き応えのあるリッチなフィルム・スコアである。
(1998年6月)

↑Top


ドラキュリアン THE MONSTER SQUAD

作曲・指揮:ブルース・ブロートン
Composed and Conducted by BRUCE BROUGHTON

(米Intrada / Intrada Special Collection Volume 50)

1987年製作のアメリカ映画。監督は「クリープス」(1986)「ロボコップ3」(1992)等のフレッド・デッカー。出演はアンドレ・ゴウアー、ロビー・カイガー、スティーブン・マクト、ダンカン・レガー、トム・ヌーナン、ブレント・チャレム、ライアン・ランバート、アシュレイ・バンク、マイケル・ファウスティーノ、メアリー・エレン・トレイナー、レオナルド・チミノ、ジョン・グリース、スタン・ショー、カール・ティボー、トム・ウッドラフ・Jr.、マイケル・リード・マッケイ他。脚本は「リーサル・ウェポン」(1987)「ラスト・ボーイスカウト」(1991)「ロング・キス・グッドナイト」(1996)「キスキス,バンバン」(2005)等のシェーン・ブラックとフレッド・デッカー。撮影はブラッドフォード・メイ。製作に「カプリコン・1」(1977)「アウトランド」(1981)「プレシディオの男たち」(1988)「エンド・オブ・デイズ」(1999)「サウンド・オブ・サンダー」(2004)等の監督として知られるピーター・ハイアムズと、「デイライト」(1996)「ドラゴンハート」(1996)「ワイルド・スピード」(2001)「トリプルX」(2002)「ステルス」(2005)等の監督ロブ・コーエンが参加している。VFXはリチャード・エドランドスタン・ウィンストン。世界を支配する力を秘めた“光る石”を手に入れるために、ドラキュラ伯爵(レガー)、フランケンシュタインの怪物(ヌーナン)、ミイラ男(マッケイ)、狼男(ティボー)、半魚人(ウッドラフ・Jr.)が田舎町に集結。それを知った怪物同好会“モンスター・スクウォード”の少年たちは怪物退治に乗り出す……。

音楽はブルース・ブロートンで、これは1980年代後半、彼が「シルバラード」(1985)「ヤング・シャーロック/ピラミッドの謎」(1985)「ミリィ/少年は空を飛んだ」(1986)「ハリーとヘンダスン一家」(1987)といった傑作スコアを連発していた時期の作品。大編成オーケストラによるオーソドックスなホラー・アクション音楽で、どこか懐かしささえ感じさせる。「Main Title; The Van Helsing Prologue」は、ダークなイントロからミステリアスな主題、そして後半はビジーでダイナミックなサスペンスアクション音楽へと展開。続く「Scary German Guy」「Bat in the Hold」「Let It Begin」「Lock Me Up!; Wolfman Wakes Up」「Monster Music」「Class Reunion」等は、ソリッドなホラー音楽。「At Phil's」「Phil's #2」「Scary Mask; Phil's #1」は、突然軽いノリのロック。「Mr. Alucard; Making Plans」「Mummy’s Gone」「Van Helsing's Diary; Monsters」「The Old Wolfman Russe; Not Clark Kent; Twinkie Creature」等は、サスペンス調(“Alucard”は“Dracula”を逆に綴った名前で、ハマー・フィルムの「ドラキュラ'72」なんかにも登場する)。「Phoebe Meets Frank」は、リリカルなピアノによるフィービー(バンク)の主題からダークなタッチへ。「Walking Dead Guy」は、ややコミカルな曲。後半の「At the Mansion; On All Sides」「Recovering the Amulet」「Goodbye Bandaid Breath」「At Sean's House; The Vampire Killed; Kill a Wolfman」「Creature Carnage」は、ダイナミックなサスペンスアクション音楽の連続で聴き応えあり。「Phoebe and the Count; The Final Vortex & Finale」は、サスペンス調からハッピーエンディングなフィナーレへ展開。これはサントラ盤リリースの要望が多かったスコアで、ブロートンのスコアの大半をCD化している米Intradaレーベルが映画公開から20年後の2007年にリリースしたもの。3000枚限定プレス。

ブルース・ブロートンが手がけた作品には
「(未公開/TV)Dirty Sally」(1974)
「(TV)女刑事ペパー(Police Woman)」(1974)
「(未公開/TV)Khan!」(1975)
「(TV)ガンスモーク(Gunsmoke)」(1973〜1975)
「(未公開/TV)Three for the Road」(1975)
「(未公開/TV)Spencer's Pilots」(1976)
「(TV)ローガンズ・ラン(Logan's Run)」(1977)
「(未公開/TV)The Oregon Trail」(1977)
「(未公開/TV)The Runaways」(1978)
「(TV)白バイ野郎ジョン&パンチ(CHiPs - Trick or Trick)」(1978)
「(未公開/TV)The Paradise Connection」(1979)
「(TV)ハワイ5-O(Hawaii Five-O)」(1973〜1979)
「(未公開/TV)Skag」(1980)
「(未公開/TV)Knots Landing - Small Surprises」(1980)
「(TV)帰って来た名探偵フランク・キャノン(The Return of Frank Cannon)」(1980)
「(未公開/TV)Desperate Voyage」(1980)
「(TV)キャプテン・ロジャース(Buck Rogers in the 25th Century)」(1981)
「(未公開/TV)The Girl, the Gold Watch & Dynamite」(1981)
「(TV)キルジョイ(Killjoy)」(1981)
「(TV)Dr.刑事クインシー(Quincy M.E. - Slow Boat to Madness: Part 2, - To Kill in Plain Sight)」(1981)
「(TV)ダラス(Dallas)」(1979〜1982)
「(未公開/TV)Desperate Lives」(1982)
「(TV)パラレル・デス/殺しの真相(One Shoe Makes It Murder)」(1982)
「(TV)引き裂かれた祖国/ブルー&グレイ(The Blue and the Gray)」(1982)
「(未公開/TV)M.A.D.D.: Mothers Against Drunk Drivers」(1983)
「(未公開/TV)Cowboy」(1983)「(未公開/TV)Two Marriages」(1983)
「(未公開)The Prodigal」(1983)
「(未公開/TV)This Girl for Hire」(1983)
「(未公開/TV)The Master of Ballantrae」(1984)
「スペース・パイレーツ(The Ice Pirates)」(1984)
「(未公開/TV)The First Olympics: Athens 1896」(1984)
「(未公開/TV)Passions」(1984)
「(未公開/TV)The Cowboy and the Ballerina」(1984)
「(未公開/TV)Stormin' Home」(1985)
「シルバラード(Silverado)」(1985)
「ヤング・シャーロック/ピラミッドの謎(Young Sherlock Holmes)」(1985)
「(未公開)くたばれ!ハリウッド(Sweet Liberty)」(1986)
「ミリィ/少年は空を飛んだ(The Boy Who Could Fly)」(1986)
「(未公開/TV)George Washington II: The Forging of a Nation」(1986)
「(TV)サンクスギビング・プロミス(The Thanksgiving Promise)」(1986)
「(TV)世にも不思議なアメージング・ストーリー(Amazing Stories - Thanksgiving, - Welcome to My Nightmare, - Gather Ye Acorns, - Mr. Magic)」(1985〜1986)
「スクエアダンス(Square Dance)」(1987)
「ハリーとヘンダスン一家(Harry and the Hendersons)」(1987)
「ドラキュリアン(The Monster Squad)」(1987)
「ビッグ・ショット(Big Shots)」(1987)
「(未公開)ハート泥棒(Cross My Heart)」(1987)
「プレシディオの男たち(The Presidio)」(1988)
「(未公開)レスキュー(The Rescue)」(1988)
「(未公開)マフィア/最後の祈り(Last Rites)」(1988)
「ムーンウォーカー(Moonwalker)」(1988)
「ジャックナイフ(Jacknife)」(1989)
「(未公開/TV)Sorry, Wrong Number」(1989)
「(TV)新・老人と海(The Old Man and the Sea)」(1990)
「(未公開)Roller Coaster Rabbit」(1990)
「(未公開)本日はお日柄も良く/ベッツィの結婚(Betsy's Wedding)」(1990)
「カナディアン・エクスプレス(Narrow Margin)」(1990)
「(未公開)ビアンカの大冒険/ゴールデン・イーグルを救え!(The Rescuers Down Under)」(1990)
「(TV)ハリウッド・ナイトメア(Tales from the Crypt - Carrion Death)」(1991)
「(未公開)クリスマスに万歳!(All I Want for Christmas)」(1991)
「(未公開/V)Oscar's Greatest Moments」(1992)
「(未公開/TV)Capitol Critters」(1992)
「(未公開/TV)O Pioneers!」(1992)
「(未公開)From Time to Time」(1992)
「(未公開)Off His Rockers」(1992)
「ジャイアント・ベビー(Honey I Blew Up the Kid)」(1992)
「カウチポテト・アドベンチャー(Stay Tuned)」(1992)
「(未公開/TV)Tiny Toon Adventures」(1990〜1992)
「奇跡の旅(Homeward Bound: The Incredible Journey)」(1993)
「(未公開/TV)Trail Mix-Up」(1993)
「ハネムーンは命がけ(So I Married an Axe Murderer)」(1993)
「バラ色の選択(For Love or Money)」(1993)
「トゥームストーン(Tombstone)」(1993)
「(未公開/TV)Tiny Toon Adventures: Spring Break Special」(1994)
「ホーリー・ウェディング(Holy Matrimony)」(1994)
「赤ちゃんのおでかけ(Baby's Day Out)」(1994)
「34丁目の奇跡(Miracle on 34th Street)」(1994)
「(未公開)Ellen's Energy Adventure」(1996)
「(未公開)奇跡の旅2/サンフランシスコの大冒険(Homeward Bound II: Lost in San Francisco)」(1996)
「(未公開)密会(Carried Away)」(1996)
「(未公開)パーフェクト・ファミリー(House Arrest)」(1996)
「インフィニティ/無限の愛(Infinity)」(1996)
「(TV)犯罪捜査官ネイビーファイル(JAG)」(1995〜1996)
「ザ・ターゲット(Shadow Conspiracy)」(1997)
「(TV)ロード・トゥ・ヘブン(True Women)」(1997)
「(未公開)シンプル・ウィッシュ(A Simple Wish)」(1997)
「(未公開)ドクター・ジャガバンドー(Krippendorf's Tribe)」(1998)
「(TV)栄光への道/北極を目指した男たち(Glory & Honor)」(1998)
「ロスト・イン・スペース(Lost in Space)」(1998)
「N.Y.殺人捜査線(One Tough Cop)」(1998)
「(未公開/TV)Jeremiah」(1998)
「(未公開/TV)Night Ride Home」(1999)
「(ビデオゲーム)Heart of Darkness」(1999)
「(TV)黄金の谷のルーシー(The Ballad of Lucy Whipple)」(2001)
「(未公開)CineMagique」(2002)
「(未公開/TV)First Monday」(2002)
「(未公開/TV)Roughing It」(2002)
「(TV)殺人保険(Damaged Care)」(2002)
「(TV)ぼくの家族はママとママ(Bobbie's Girl)」(2002)
「(未公開/TV)The Locket」(2002)
「(TV)おてんばエロイーズ/キラキラ星のダンスパーティ(Eloise at the Plaza)」(2003)
「(未公開/TV)Lucy」(2003)
「(未公開/TV)Eloise at Christmastime」(2003)
「(未公開)Last Flight Out」(2004)
「(V)ミッキー、ドナルド、グーフィーの三銃士(Mickey, Donald, Goofy: The Three Musketeers)」(2004)
「(TV)ルーズベルト 大統領の保養地(Warm Springs)」(2005)
「(TV)クローゼン桟橋のさざ波(The Dive from Clausen's Pier)」(2005)
「(未公開)バンビ2/森のプリンス(Bambi II)」(2006)
「(未公開/V)Monster Squad Forever!」(2007)
「(未公開/TV)Safe Harbor」(2009)
「(未公開)The Macabre World of Lavender Williams」(2009)
「(未公開)The Pledge」(2011)
「(未公開/TV)Hollywood in Vienna 2011」(2011)
「(未公開)A Christmas Tree Miracle」(2013)
「(未公開)Well Played」(2013)
「(未公開/TV)Texas Rising - From the Ashes, - Fate and Fury, - Blood for Blood, - Vengeance Is Mine, - The Rise of the Republic」(2015)
「(未公開)Soarin' Around the World」(2016)
「(未公開/TV)The Orville」(2017)
「(未公開)Shot」(2017)
等がある。
ブルース・ブロートンは1985年の「シルバラード」でアカデミー賞の作曲賞にノミネートされている。
(2007年11月)
(2014年6月)
(2017年8月)

↑Top


Film Music Composersへ戻る


Copyright (C) 1999 - 2017  Hitoshi Sakagami.  All Rights Reserved.