ジェリー・フィールディング
  Jerry Fielding

Date of Birth: 1922/6/17
Place of Birth: Pittsburgh, Pennsylvania, USA
Date of Death: 1980/2/17
Mini Biography:
Musically inclined from childhood (he was proficient at piano, sax and clarinet), Jerry Fielding (Joshua Feldman) became a pro at 17, as arranger for the Alvino Ray orchestra. While arranging for such Big Band leaders as Tommy Dorsey, Charlie Barnett and Kay Kyser, he found time to take classes at CarnegieTech. After organizing his own jazz orchestra in 1954, he worked steadily in television, providing live music for "Groucho Marx's You Bet Your Life" and the 1962 summer-replacement series "The Lively Ones". He also branched out into radio, writing for shows starring Bob Crosby, Hoagy Carmichael, Kate Smith, and the Andrews Sisters, and eventually wound up as the musical director of Jack Paar's radio show. He got in trouble with the House Un-American Activities Committee, refused to say anything at all to them and was blacklisted from 1953 until 1961. He eventually found employment in Las Vegas where he became musical director for the stage shows of 'Abbott And Costello', Debbie Reynolds, Eddie Fisher and others. He also began recording the first of many pop and swing standards for LPs such as "Fielding's Formula", "Sweet With A Beat" and "Hollywood Brass". In 1962, at the suggestion of his writer friend Dalton Trumbo, he was hired by Otto Preminger for the film "Advise and Consent". Around this time, he enrolled as a student of Mario Castelnuovo-Tedesco. In 1967, he scored "Noon Wine", a contemporary western for television directed by Sam Peckinpah; it was the first in a legendary partnership. He also associated with Michael Winner and Clint Eastwood, composing scores to several films for them. From the mid-70s onwards, he endured a series of heart attacks, and in 1980, suffered a fatal heart seizure while in Canada scoring "Below the Belt". He was 58.

 


ワイルドバンチ THE WILD BUNCH

作曲・指揮:ジェリー・フィールディング
Composed and Conducted by JERRY FIELDING

(米FSM / Warner Home Video)

cover
このCD(日本盤)を購入する
(★但し曲数の少ないレギュラーリリース)

バイオレンス映画の巨匠として有名な故サム・ペキンパー監督の最高傑作であり、Authentic American Classicと評される1969年製作の名作西部劇。ウィリアム・ホールデン、アーネスト・ボーグナイン、ロバート・ライアン、エドモンド・オブライエン、ウォーレン・オーツ、ベン・ジョンソンといった渋い名優たちが西部のアウトローを演じた。冒頭の銀行強盗のシーン、中盤の列車襲撃のシーン、そしてラストの壮絶な銃撃戦のシーンといった見せ場での、ハイスピード撮影と細かいカッティングの組み合わせによるペキンパー独特のアクション演出は、今観ても全く色褪せることのない迫力と美しさである。アクション映画のファンなら、ラスト近くで主人公たちが親友を救うために捨て身の襲撃に向かう場面での、ホールデン「Let’s go」、オーツ「Why not?」というシンプルなやりとりにシビれない人はいまい。ルシアン・バラードによる撮影、ルイス・ロンバードによる編集、そしてジェリー・フィールディングによる音楽も超一流。

フィールディングは、本作品以外にも「わらの犬」「ジュニア・ボナー/華麗なる挑戦」「ゲッタウェイ」(主演のマックィーンがスコアをリジェクトしてクインシー・ジョーンズに変更)「ガルシアの首」「キラー・エリート」でペキンパー監督とコンビを組んでいる良きパートナーであり、親友だった。 残念ながら1980年に他界しているが、生きていればジェリー・ゴールドスミスと共にアメリカを代表する名作曲家として位置付けられていたはずであり、個人的にも最も好きな作曲家の一人である。

この「ワイルドバンチ」はフィールディングの代表作であり、哀感に満ちた美しいメキシコ民謡と、緊張感溢れるダイナミックなフル・オーケストラル・スコアの組み合わせによる見事なAuthentic American Classic Film Scoreである。この映画のサントラ・アルバムは以前にも存在していたが、今回限定発売されたこのアルバムは未発表曲を多数収録したRemastered / Restored版であり、ファンにとっては非常に貴重なリリースである。
(1998年9月)

= 2013年3月追加 =

米Film Score Monthlyレーベルが同レーベルの最後のサントラ・リリースとして「ワイルドバンチ」のCD3枚組(全74曲/193分35秒収録)をリリース。1枚目と2枚目の3曲目までにフィルム用マスターからのオリジナル・スコアを、2枚目の4曲目以降に別ヴァージョンと追加音楽を、3枚目の10曲目までに1969年に発売されたサウンドトラック・アルバム用のマスターから、11曲目から12曲目までにデモ・スコアを、13曲目から19曲目までに追加録音を収録。収録曲は以下の通り。

★TOWER.JPで購入

「THE WILD BUNCH」
(米Film Score Monthly / FSMCD Vol.16 No.1)

Disc 1 - Film Score

1. Main Title (5:44)
2. From Coffer to First Shoot-Out (1:01)
3. They Cleared Out / Buck's Arroyo (2:36)
4. Judas Goat / Mexico Lindo / Half Hour of Light / To Sykes's Camp (2:18)
5. Angel Confronts the Gorch Brothers / 1st Denver Hotel ("With "Darkey's Awakening") (1:41)
6. Denver Flashback (With "Darkey's Awakening") (1:17)
7. Slow Motion Tumble / Aurora Mi Amor (3:01)
8. All Clear / Arriving at Angel's Camp (2:22)
9. Drunk With Wine and Love / Dance at Angel's Camp (4:30)
10. Entrance of the General (0:33)
11. Mariachi at First Cantina (2:17)
12. Song From The Wild Bunch / Angel Blows His Cork (3:19)
13. Give It to Him (1:04)
14. Ain't He the One? / Por Favor, I Need Him / Bodega el Bodega de Bano (5:38)
15. Give Him One / Aurora Mi Amor (2:55)
16. Assault on the Train and Escape, Parts 1 and 2 / Locomotive Wreck (6:38)
17. Assault on the Train and Escape, Parts 3 and 4 (3:19)
18. Drinking Song (2:07)
19. Santa Amalia (2:43)
20. Dynamite / Adventures on the High Road, Part 1 (2:40)
21. Adventures on the High Road, Part 2 (1:32)
22. Menace / Adventures on the High Road, Part 3 (1:57)
23. Sykes in the Sand Box or The Schidt Seen (0:48)
24. He's a Thief / How? (1:17)
25. Is That Sykes? / Bounty Hunters and Sykes's Indian (3:06)
26. Dragging Angel / Army Patrol / Dinner at Drunken Brawl (3:48)
27. Song From The Wild Bunch (guitar) (3:16)

Disc 2 - Film Score plus Alternates and Additional Music

1. Attempt to Save Angel / I Gonna Give It to You (2:42)
2. Dirge and Finale (4:19)
3. La Golondrina (2:04)
4. Adelita (2:41)
5. B Natural Chord / Mexico Lindo / Half Hour of Light / To Sykes's Camp (2:04)
6. 1st Denver Hotel (Without "Darkey's Awakening") (0:40)
7. Denver Flashback (Without "Darkey's Awakening") (1:17)
8. Slow Motion Tumble / Aurora Mi Amor (3:02)
9. Brother Pike Needs Help (2:01)
10. All Clear (version 2) (0:46)
11. All Clear (version 1) (0:47)
12. Drunk With Wine and Love (1:45)
13. Song From The Wild Bunch (slow version) (3:20)
14. They're Coming (1:54)
15. In the Drink / After the Bridge (3:19)
16. Santa Amalia (3:21)
17. Adventures on the High Road, Part 2 (1:33)
18. Musica?Musica (0:20)
19. First Machine Gun Fiesta / Second Machine Gun Fiesta (0:56)
20. Is That Sykes? (version 2) (1:19)
21. Is That Sykes? (version 1) (1:19)
22. Fireworks (1:38)
23. Song From The Wild Bunch (harmonica) (2:47)
24. Long March (1:43)
25. Dirge (revised overlay pickup, take 3) (1:28)
26. Dirge (revised overlay pickup, take 1) (1:27)
27. La Golondrina (End Title, long version) (2:19)
28. La Golondrina (instrumental backing track) (3:03)

Disc 3 - Original 1969 Soundtrack Album plus Demos and Additional Recordings

1. Song From The Wild Bunch (3:53)
2. Main Title (4:08)
3. Aurora Mi Amor (2:34)
4. Asssault on the Train and Escape (5:34)
5. Drinking Song (2:01)
6. Adelita (3:00)
7. Adventures on the High Road (2:29)
8. Bodega el Bodega de Bano (2:59)
9. Dirge and Finale (4:16)
10. End Credits (La Golondrina) (2:23)
11. Demo #1 (Teresa's Entrance) (3:36)
12. Demo #2 (Dirge and Finale) (3:39)
13. Teresa Ad Lib #1 (4:09)
14. Teresa Ad Lib #2 (2:04)
15. Teresa Ad Lib #3 (2:27)
16. Santa Maria #1 (3:38)
17. Santa Maria #2 (3:38)
18. Tender Theme (Teresa's Entrance) (2:36)
19. La Golondrina (End Title, short version) (2:06)


↑Top


ゲッタウェイ THE GETAWAY

作曲・指揮:ジェリー・フィールディング
Composed and Conducted by JERRY FIELDING

(米Film Score Monthly / Vol.8 No.18)

cover
このCD(輸入盤)を購入する

1972年製作のアメリカ映画。監督は「砂漠の流れ者」(1968)「ワイルドバンチ」(1969)「わらの犬」(1971)「ジュニア・ボナー/華麗なる挑戦」(1972)「ビリー・ザ・キッド/21才の生涯」(1973)「ガルシアの首」(1974)「戦争のはらわた」(1975)等のサム・ペキンパー。出演はスティーヴ・マックィーン、アリ・マッグロー、ベン・ジョンソン、アル・レッティエリ、サリー・ストルザース、スリム・ピッケンズ、ボー・ホプキンス、リチャード・ブライト、ジャック・ドッドソン、ダブ・テイラー、ロイ・ジェンソン、ジョン・ブリソン他。「グリフターズ/詐欺師たち」(1990)「アフター・ダーク」(1990)等のジム・トンプソンの原作を基に「ザ・ドライバー」(1978)「ウォリアーズ」(1979)「ロング・ライダーズ」(1980)「48時間」(1982)「ストリート・オブ・ファイヤー」(1984)「ダブルボーダー」(1987)「トレスパス」(1992)等の監督として知られるウォルター・ヒルが脚本を執筆(ヒルは「マッキントッシュの男」(1972)「殺人者にラブ・ソングを」(1972)「ハーパー探偵シリーズ/新・動く標的」(1975)等の脚本も手がけている)。撮影はルシアン・バラード。刑務所に服役中のドク・マッコイ(マックィーン)は、妻のキャロル(マッグロー)に権力者のジャック・ベニオン(ジョンソン)と交渉させ、ベニオンの仕事を引き受けることと引換えに保釈される。ドクはベニオンの指示でルディ(レッティエリ)、フランク(ホプキンス)と組んで銀行を襲撃するが……。マックィーンの強烈なカリスマとペキンパーのスタイリッシュなアクション演出が見事な追跡劇の傑作。1994年に同じウォルター・ヒルの脚本を基にロジャー・ドナルドソン監督/アレック・ボールドウィン、キム・ベイシンガー主演によりリメイクされている。

この映画のスコアは、「ワイルドバンチ」(1969)「わらの犬」(1971)「ガルシアの首」(1974)「キラー・エリート」(1975)等でもサム・ペキンパー監督と組んでいる盟友のジェリー・フィールディングが作曲し、録音まで済ませていたが、主演のスティーヴ・マックィーンの意向により最後の瞬間にクインシー・ジョーンズのスコアに差し替えられてしまった(その結果、ジョーンズは2週間で新たなスコアを作曲しなければならなかった)。米Film Score Monthlyレーベルによるこの限定盤CDは、未使用となったフィールディングのスコアを初めて完全な形でアルバム化したもので、ファンにとっては非常に貴重なリリースと言える(元々は米ワーナー・ホーム・ビデオが2004年にリリースしようとしたペキンパー作品DVD Box Setの中の「ゲッタウェイ」の副音声トラックに収録されるはずだった)。

フィールディングのスコアは、キャロルがベニオンのオフィスを訪れた際にジュークボックスから流れる軽快なカントリー・ウエスタンのソース曲「Benyon's World」からはじまる。続く「The Water Hole」は、ギターのソース曲からジェントルでリリカルなドクとキャロルのラブテーマに展開。「Doc and Carol」は、ドクとキャロルが自宅に戻り4年ぶりに愛し合うシーンのラブテーマ。「Casing the Joint」は、襲撃しようとする銀行の下見をするシーンのスコアで、フィールディングのトレードマークであるミリタリスティックなスネアドラムにブラス、シンバロンを加えたサスペンス音楽。「The Bank Robbery」は、銀行強盗シーンの7分47秒におよぶ劇伴音楽。正に“ヴィンテージ・フィールディング”。「Bullet Proof」は、ルディがドクを裏切ろうとして返り討ちにあうシーンのスコア。「Payoff」は、ドクとキャロルがベニオンのオフィスに行き、盗んだ金を分けるシーンのサスペンス音楽で、フィールディングの「メカニック」のスコアに似た不吉なピアノが印象的。「Bag Theft」は、駅でキャロルから金の入ったバッグを騙し盗った詐欺師(ブライト)をドクが追跡するシーンのサスペンス音楽。「Laughlin's」は、ドクたちがメキシコに逃亡する前に立ち寄るエル・パソのローフリンズ・ホテルを描写した、ジェントルでやや不吉なタッチの曲。「Punch It, Baby」は、ドクとキャロルがパトカーの追跡から逃れるシーンのアクション音楽。「Shall We Gather at the River」は、「ワイルドバンチ」等でも使われているペキンパー好みの曲で、ルディとフラン(ストルザース)のシーンでラジオから流れるソース曲。「Texas Trash Heap」は、逃走の過程でゴミ処理車から脱出したドクとキャロルが互いの愛を確かめ合うシーンのラブテーマ。「Hombres」は、オープンカーでローフリンズ・ホテルに向うギャングたちを描写した曲。「Money Talks」は、ローフリンズ・ホテルにチェックインしたドクとキャロルのシーンのスコア。「Hotel Confrontation」は、クライマックスのホテルでのガン・バトルを描いた、見事なサスペンス劇伴スコア。「End Credits」は、明るく軽快なエンドタイトル。このフィールディングのスコア付きで「ゲッタウェイ」の試写を見た共同プロデューサーのゴードン・ドーソンは、映像と音楽の見事な補完関係を「まるで森の中を緑色のスーツを着た男が歩いているようだ」と評した。必聴。

尚、このCDには特典DVDが附属しており、ジェリー・フィールディングの妻カミーユと娘エリザベス、サム・ペキンパーの長年のアシスタントでパートナーだったケイティ・ハーバー(この映画のダイアローグ・ディレクターでもある)へのビデオインタビューが収録されている。特にカミーユがマックィーンから「ジェリーのスコアをリプレースしたい」という電話を受けた時の回想が印象深い。

ジェリー・フィールディングが手がけた作品には「(未公開/TV)The Betty Hutton Show」(1959)「(未公開/TV)The Tom Ewell Show」(1960)「(未公開)The Nun and the Sergeant」(1962)「(未公開/TV)Tell It to Groucho」(1962)「野望の系列(Advise & Consent)」(1962)「(未公開/TV)Vacation Playhouse」(1963)「(未公開)McHale's Navy」(1964)「踊れ!サーフィン(For Those Who Think Young)」(1964)「(未公開)McHale's Navy Joins the Air Force」(1965)「(未公開/TV)The John Forsythe Show」(1965)「(未公開/TV)Hogan's Heroes」(1965)「(TV)スター・トレック/宇宙大作戦(Star Trek)」(1966)「(TV)シェーン(Shane)」(1966)「(未公開/TV)Run Buddy Run」(1966)「(TV)スパイ大作戦(Mission: Impossible)」(1966)「(未公開/TV)Noon Wine」(1966)「(未公開/TV)He & She」(1967)「(TV)マニックス特捜網(Mannix)」(1967)「(未公開)The Crazy World of Laurel and Hardy」(1967)「(未公開)Monte Carlo: C'est La Rose」(1968)「スパイ大作戦/薔薇の秘密指令(Mission Impossible Versus the Mob)」(1968)「(未公開/TV)The Good Guys」(1968)「ワイルドバンチ(The Wild Bunch)」(1969)「(未公開/TV)The Governor & J.J.」(1969)「(TV)バート・レイノルズの復讐(Hunters Are for Killing)」(1970)「(未公開)戦争ゲーム(Suppose They Gave a War and Nobody Came?)」(1970)「追跡者(Lawman)」(1971)「(未公開/TV)Inside O.U.T.」(1971)「ジョニーは戦場へ行った(Johnny Got His Gun)」(1971)「(未公開/TV)Once Upon a Dead Man」(1971)「(未公開/TV)The Chicago Teddy Bears」 (1971)「(TV)署長マクミラン(McMillan and Wife)」(1971)「(TV)青とピンクの紐(Ellery Queen: Don't Look Behind You)」(1971)「わらの犬(Straw Dogs)」(1971)「妖精たちの森(The Nightcomers)」(1972)「(未公開/TV)Man in the Middle」(1972)「チャトズ・ランド(Chato's Land)」(1972)「ジュニア・ボナー/華麗なる挑戦(Junior Bonner)」(1972)「(未公開/TV)Bridget Loves Bernie」(1972)「メカニック(The Mechanic)」(1972)「(未公開/TV)A The Snoop Sisters」(1972)「(未公開/TV)A War of Children」(1972)「(TV)名探偵ジョーンズ(Barnaby Jones)」(1973)「スコルピオ(Scorpio)」(1973)「(未公開/TV)Diana」(1973)「(未公開/TV)Faraday and Company」(1973)「(未公開/TV)Hawkins」(1973)「(未公開/TV)Shirts/Skins」(1973)「組織(The Outfit)」(1973)「死の追跡(The Deadly Trackers)」(1973)「(未公開/TV)(Unwed Father)」(1974)「(未公開/TV)Black Day for Bluebeard」(1974)「スーパーコップス(The Super Cops)」(1974)「(未公開/TV)Honky Tonk」(1974)「ガルシアの首(Bring Me the Head of Alfredo Garcia)」(1974)「(未公開/TV)Sin, American Style」(1974)「(TV)事件記者コルチャック(Kolchak: The Night Stalker)」(1974)「熱い賭け(The Gambler)」(1974)「(未公開/TV)Hustling」(1975)「(未公開/TV)Cage Without a Key」(1975)「(未公開/TV)One of Our Own」(1975)「(未公開/TV)Matt Helm」(1975)「(未公開/TV)The Cop and the Kid」(1975)「キラー・エリート(The Killer Elite)」(1975)「(未公開)The Black Bird」(1975)「(TV)地上最強の美女!バイオニック・ジェミー(The Bionic Woman)」(1976)「がんばれ!ベアーズ(The Bad News Bears)」(1976)「アウトロー(The Outlaw Josey Wales)」(1976)「ダーティハリー3(The Enforcer)」(1976)「(TV)リトル・レディ(Little Ladies of the Night)」(1977)「(未公開/TV)The Andros Targets」(1977)「デモン・シード(Demon Seed)」(1977)「タッチダウン(Semi-Tough)」(1977)「ガントレット(The Gauntlet)」(1977)「原子力潜水艦浮上せず(Gray Lady Down)」(1978)「(未公開)大いなる眠り(The Big Sleep)」(1978)「(未公開/TV)Lovey: A Circle of Children, Part II」(1978)「(未公開/TV)Mr. Horn」(1979)「ポセイドン・アドベンチャー2(Beyond the Poseidon Adventure)」(1979)「アルカトラズからの脱出(Escape from Alcatraz)」(1979)「(TV)恐怖のバースデイ・パーティ(High Midnight)」(1979)「(未公開)墓場の館(Funeral Home)」(1980)「(未公開)Below the Belt」(1980)がある。

ジェリー・フィールディングは1969年の「ワイルドバンチ」、1971年の「わらの犬」、1976年の「アウトロー」でアカデミー賞の作曲賞にノミネートされている。
(2005年12月)

↑Top


Film Music Composersへ戻る


Copyright (C) 1999 - 2013  Hitoshi Sakagami.  All Rights Reserved.